金蘭千里中学校 入試分析 2020年度

昨年度と受験者数を比較すると、前期A187名→160名、前期B483名→334名、後期280名→238名と、どの日程も減少した。原因の一つとして考えられるのが、昨年度からの大きな変更点として事前に伝えられていた、新傾向問題の出題である。

前期Aでは記述問題の増加に加え図表を読み解く問題が、前期Bでは論理的な判断力を測定するための短めの問題が、後期では日本語のリスニング問題が出題された。
論述形式の問題は、多くの受験生が苦手としているため、受験者数の減少に関係があると思われる。

論述形式の問題は今後増えてくることが予想されるため、受験生には万全の準備が求められる。特に大学入試改革を見据えた、本質をとらえた学習に力を入れてほしい。

金蘭千里中学校
算数の出題傾向・対策

今年度は解答用紙の様式が横長に変更となったが、出題数は例年通り20問で構成されていた。
難度は標準的なものが多く、算数の合格者平均点も7割から8割であることから、各問題を丁寧に解き、正答を積み重ねていくことが求められている。

平面図形と比に関する問題や場合の数、規則性は今年度も多く出題されていることから、日頃より問題演習を通して該当単元に対する自信をつけてもらいたい。

基本問題や標準問題を中心にまんべんなく解いて、確実な得点力を養うことも大切である。その際にノートに条件を整理しながら場合分けを行ったり、図中から相似を見抜くことを意識したりすると、より効果的である。

金蘭千里中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の夏期講習2020

金蘭千里中学校
国語の出題傾向・対策

前期AB・後期日程いずれでも、論理的文章と文学的文章が1題ずつ出題された。今年度最大のトピックとしては、大学入試改革を見据えた新傾向の問題がそれぞれの日程で違うパターンの問題が出題されたことである。

前期Aではポスターを見て設問に答える問題が、前期Bでは短い説明文から読み取れる内容として正しいものを答える問題が、後期では日本語リスニングの問題が出題された。

ただ読解のテクニックだけを身につけているかどうかだけではなく、総合的な国語の力や論理的に考える力があるかどうかも試された入試となった。日ごろの学習も軽んじないことが肝要である。

金蘭千里中学校 国語分野別出題バランス

金蘭千里中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年通り、物理・化学・生物・地学から1題ずつ合計4題の出題であった。
  2. 昨年までとの比較
    出題の内容は例年大きな変化はなく、今年度も物理と化学は計算問題、生物と地学は知識問題中心の出題であった。ただし、今年度は生物と地学はアリの行列やボーリング調査など、与えられた条件から読み取り解いていく問題が出題されていた。
  3. 対策
    年によって問題の難度に差があるが、6割は得点する必要がある。知識問題だけでなく、計算問題もバランスよく演習しておく必要がある。
金蘭千里中学校 理科分野別出題バランス

金蘭千里中学校
社会の出題傾向・対策

小問数は例年同様30問程度で、昨年度に引き続き各分野からまんべんなく出題される形式であった。
歴史分野では、ニュースとなった出来事から大問を作成する形式が継承されており、今年度のテーマは「世界遺産」であった。日頃からニュースに関心を持ちつつ、それに関連する歴史の基礎知識をおさえておくことが重要であるといえる。

今年度の入試問題では、グラフや図表などの読み取り問題の出題は少なく、正誤判断などで正確に知識を把握しているかを問うような問題がみられた。日頃から基本知識を単純に暗記するのではなく、様々な知識を関連させて学習することを心掛けたい。

金蘭千里中学校 社会分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

金蘭千里中学校
入試結果:2020年度

  前期A 前期B 後期
募集人数 150名 30名
志願者数 168名 344名 251名
受験者数 160名 334名 238名
合格者数 128名 250名 133名
実質倍率 1.25倍 1.34倍 1.79倍
  前期A 前期B 後期
算   数 国   語 理   科 社   会 算   数 国   語 算   数 国   語
受験者平均点 -/120 -/120 -/60 -/60 -/360 -/120 -/120 -/240 -/120 -/120 -/240
合格者平均点 88.2 /120 79.8 /120 37.5 /60 39.8 /60 256.0 /360 90.9 /120 100.2 /120 191.1 /240 105.8 /120 99.2 /120 205.0 /240
受験者最高点 -/120 -/120 -/60 -/60 313.2 /360 -/120 -/120 232 /240 -/120 -/120 240 /240
合格者
最低点
男子 -/120  -/120  -/60  -/60  210 /360 -/120  -/120  153 /240 -/120  -/120  175 /240
女子 210 /360 161 /240 188 /240

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

金蘭千里中学校
入試要項:2020年度

  前期A 前期B 後期
募集人数 150名 30名
選抜方法 算・国・理・社 算・国
出願期間 12/16 ~ 1/14
試験日程 1/18 1/18午後 1/19
合格発表 1/19(web) 1/20(web)
  前期A 前期B・後期
算   数 120点(60分) 120点(60分)
国   語 120点(60分) 120点(60分)
理   科 60点(30分)
社   会 60点(30分)
合   計 360点(180分) 240点(120分)

金蘭千里中学校
大学合格実績:2019年度

高校卒業生:175名

国公立大学への進学者数

東京大
京都大(現役) 3 (3)
大阪大(現役) 16(12)
神戸大(現役) 10 (9)
大阪市立大(現役) 5 (4)
大阪府立大(現役) 4 (2)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 1 (1)
慶應義塾大(現役) 2 (1)
関西学院大(現役) 41(37)
関西大(現役) 57(42)
同志社大(現役) 42(23)
立命館大(現役) 60(38)

金蘭千里中学校
過去の入試結果データ

年  度 合計 男子 女子
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 合格者最低点
前期A 2018 173 143 1.21 218/360(60.6%) 234/360(65.0%)
2019 187 142 1.32 210/360(58.3%) 218.4/360(60.7%)
2020 160 128 1.25 210/360(58.3%) 210/360(58.3%)
前期B 2018 392 310 1.26 149/240(62.1%) 155/240(64.6%)
2019 483 294 1.64 137/240(57.1%) 147/240(61.3%)
2020 334 250 1.34 153/240(63.8%) 161/240(67.1%)
後期 2018 279 205 1.36 135/240(56.3%) 145/240(60.4%)
2019 280 148 1.89 159/240(66.3%) 167/240(69.6%)
2020 238 133 1.79 175/240(72.9%) 188/240(78.3%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」の夏期講習2020