灘中学校 入試分析 2021年度

灘中学校の2021年度はコロナ禍の影響により、受験者数は、過去最高となった昨年と比べて112名減少した。東京・神奈川・埼玉・福岡といった遠方からの受験者が100名以上減少したことが原因である。それに伴い合格者も227名と昨年から29名減少したため、実質倍率は2.86倍と例年通りになった。

内容については、算数の1日目と理科がいずれも昨年より10点ほど平均点が上がったため、合格最低点も昨年から21点上がり、341点となった。340点以上になったのは、2012年の入試以来、9年ぶりである。

国語では2日目の記述量が増加、算数では1日目の難度が下がった分、正確な処理を求められる傾向がさらに強まった。理科では、生物・地学の難度が下がった分、平均点が上がったと思われる。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

灘中学校
算数の出題傾向・対策

大問数は1日目が12題、2日目が5題と例年通りの形式となった。難易度が落ち着いた2020年度と比べて、さらに易しくなった。特に1日目については、素直なタイプの問題が多く、丁寧に書いて調べれば対応できる問題が並んだため、2008年以来、合格者の平均点は80点を超えた。

受験者の平均点も65点となり、2012年以来の取り組みやすい内容であった。このような場合、問題の設定の読み間違いや計算ミスなどの失点に気づかず、手ごたえよりも得点が低いパターンが存在する。この「確実さ」の違いにより、合格者の平均点と受験者の平均点の差が18点と大きく開いた。

2日目は試行錯誤を要するタイプ、典型的な問題、作図問題とバランスよく出題されていたため、平均点は例年通りとなった。2日間を通して本格的な速さの問題は出題されず、平面図形も基本テクニックを確認する問題に終始した。

全体的に難問を繰り出す流れではなく、いかに問題文を正確に読み取り、処理を実行するかが問われる入試となった。

灘中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」9月期入塾生募集

灘中学校
国語の出題傾向・対策

1日目…文章題1題・語句などに関する問題7題。
2日目…文章題2題・詩1題。

例年通りの出題傾向だった。1日目は外来語・動詞・仮名遣い・誤字訂正・比喩表現・漢字しりとりなど、幅広い分野から出題された。

特に仮名遣いの問題などにおいて、基礎的な学習をおろそかにしないでほしいという学校側からのメッセージが読み取れた。また、今年の漢字しりとりの問題は、条件から比較的容易に答えの漢字を絞りこむことができ、取り組みやすかった分、確実に正解させる必要があったと考えられる。

2日目の大問1は調理に関する論説文、大問2は目の見えない筆者の経験に関する随筆文が出題された。大問2は、筆者の動きをきわめて具体的にイメージする必要のある問題が出題された。状況をイメージしながら読む力は日頃から身に付けておきたい

大問3では例年通り詩が出題された。息子の成長を、自らの自立の過程と照らし合わせながら見つめる父親の心理を読み取る問題が出題され、やや難問だったといえる。

灘中学校 国語分野別出題バランス

灘中学校
理科の出題傾向・対策

①出題内容
物理は電圧と電流および球殻の重心に関する出題、化学は中和反応および水溶液の性質・重曹の熱分解に関する出題であった。生物はヒトの誕生、地学は惑星についての出題で総計6題、試験時間60分でじっくり考えられる分量であった。

②昨年までとの比較
昨年と比べて平均点が上昇しているが、理由としては地学が分かりやすい内容であったことと生物の小問の多くが基礎的な知識を問うものであったことが挙げられる。

出題分野は昨年に続いて物理・化学が各2題、生物・地学が各1題となり、この傾向は今後も続くと考えられる。物理・化学の対策が灘中理科、攻略のカギとなってくる

③対策
灘中と言えども須く基礎的な知識を身につけておくべきである。また、計算を筋道立てて考えられる力が合格の衝に当たる。日頃から必要な計算式を書く練習が求められる。また、今年の6番のように、先入観を捨て問題文に書かれていることを読み取り、考えるという練習を過去問で追究したい。

灘中学校 理科分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

灘中学独特の問題傾向に100%対応した双方向オンライン授業!!「灘中E-Lecture(イー・レクチャー)」

灘中学校
入試結果:2021年度

募集人数 180名
志願者数 687名
受験者数 650名
合格者数 227名
実質倍率 2.86倍
  算数1日目 算数2日目 国語1日目 国語2日目 理   科
受験者平均点 65.1/100 54.3/100 57.7/80 71.0/120 68.5/100 316.7/500
合格者平均点 83.0/100 67.8/100 63.2/80 78.0/120 76.5/100 368.5/500
受験者最高点 100/100 100/100 77/80 114/120 94/100 447/500
合格者最低点 -/100 -/100 -/80 -/120 -/100 341/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

灘中学校
入試要項:2021年度

募集人数 180名
選抜方法 算・国・理
出願期間 12/24 ~ 1/5
試験日程 1/16・1/17
合格発表 1/19(掲示)
  1日目 2日目
算   数 100点(60分) 100点(60分)
国   語 80点(40分) 120点(70分)
理   科 100点(60分)
合   計 500点(290分)  

灘中学校
大学合格実績:2020年度

高校卒業生:220名

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 79(57)
京都大(現役) 49(31)
大阪大(現役) 14 (5)
神戸大(現役) 11 (5)
大阪市立大 2 (1)
大阪府立大(現役) 2 (1)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 23 (6)
慶應義塾大(現役) 24(10)
関西学院大 2
関西大 4
同志社大(現役) 18 (1)
立命館大 9 (2)

灘中学校
過去の入試結果データ

年  度 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2017 667 242 2.76 321/500(64.2%)
2018 727 252 2.88 322/500(64.4%)
2019 708 262 2.70 290/500(58.0%)
2020 762 256 2.98 320/500(64.0%)
2021 650 227 2.86 341/500(68.2%)

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集

2021年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している分析レポートの2021年度版を無料で進呈!
さらに、進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※4月19日より順次発送いたします。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-