洛星中学校 入試分析 2019年度

2019年度の洛星中学校の入試、前期においては受験者数の微減が見られたものの、実質倍率に大きな変化はなかった。

例年、他科目に比べて国語の受験者平均点が低い傾向にあるが、今年度も他科目が6割以上なのに対して、国語のみ約5割に過ぎず、その傾向に拍車がかかっている。国語が最も得意な科目であっても、得点源を国語に絞らないように注意したい。

後期については、実質倍率が昨年度の5.23倍に対して4.57倍と下がった一方で、昨年度22点上がった合格者最低点は今年もさらに5点上がっており、依然として狭き門であることが伺える。

前期、後期とも、配点が大きく高水準な受験者平均点が続く算数は、攻略の要となる科目である解きやすい問題を正確に得点に結びつける力はもちろん、難問への対策も怠らないようにしたい。

洛星中学校
算数の出題傾向・対策

出題形式に大きな変更はなく、出題内容もこれまでと同様、変化を想像する図形、速さ、思考力を問う問題が中心である。

1枚目の問題はずいぶん易しく、短時間で確実に得点をしたいところ。2枚目以降はそれぞれ難問が大問の最後に配置されていて、これらの問題をいくつ正解したかが合否を分けたと思われる。

ただ数をこなすという漫然とした学習から、質の高い問題をじっくりと時間をかけて取り組むという学習へと切り替えていってほしい。特に速さの問題に関してはオーソドックスな解法を頭に入れたうえで、多くの学校の過去問を参考にして、長い文章問題に腰を据えて取り組んでおきたい。

洛星中学校 算数分野別出題バランス

♦耳より情報♦

中学受験専門塾「進学館」では、同窓生入学金無料制度(2020年1~4月限定 )を実施中です。

詳しくは「同窓生入学金無料制度」をご覧ください。

進学館「2020年1~4月限定 同窓生入学金無料制度」

洛星中学校
国語の出題傾向・対策

前期は文学的文章1題・漢字の書き取り10問で、後期は論理的文章1題・文学的文章1題・漢字の書き取り10問が出題された。どちらも例年通りの出題だった。

洛星では文学的文章の比重が大きく、難しい内容でも場面・心情変化をおさえるなどの基本を大切にする必要がある。

記号問題に的確に答え、複数出題されている記述問題にも対応していかなければならない。前期では例年、時代背景が古い文章が出題されているので、普段から名作と呼ばれる物を読み、慣れ親しんでおくとよい。

また、登場人物の心情変化を正確に読み取ることが求められるので、日ごろから細やかな心情を理解する練習が必要になる。

洛星中学校 国語分野別出題バランス

洛星中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    前期は物理・化学・生物・地学が各1題ずつ、後期は物理が2題、化学・生物が1題ずつの出題であった。生物や地学でも単なる知識問題だけでなく計算問題が中心である。
  2. 昨年までとの比較
    前期、後期とも思考力、計算力を必要とする問題が出題されている。また、今年度は後期で地学の出題がなく、物理重視の出題となった。平均点は前期が下がり、後期が上がった。
  3. 対策
    物理・化学はもちろん、生物や地学でも、与えられた条件や式から思考する問題が多く、表・グラフを分析する力が要求されるので、普段から表やグラフをかいて学習する習慣をつけたい。過去問を徹底してやりこんでおくことが大切である。
洛星中学校 理科分野別出題バランス

洛星中学校
社会の出題傾向・対策

ここ数年、問題数が大きく増減しているが、今年度も昨年度に比べると前期が10問ほど少なくなり、一昨年度なみに戻った。

前期の問題数が少なくなったとはいえ、前期は試験時間50分で60問以上、後期も試験時間40分で50問以上を解かなければならず、まずはこの量の問題の処理に慣れる必要がある。

出題形式も、記述問題・記号問題・論述問題・並び替え問題と様々な形で知識量や思考力を問われるものとなっている。知識として用語を覚えるだけでなく、その説明や因果関係などもおさえておきたい。
また、時事問題の出題が見られる学校なので、ニュースやその年の話題となったものなどには常にアンテナを張っておきたい。

洛星中学校 社会分野別出題バランス

志望校合格を本気で目指すお子さまのために

大切なことは「どれだけ学んだか」ではなく、学んだことを「どれだけ活かせるか」。進学館では「量」より「質」を重視した指導を実施。 体系的な理解と応用力が身につく科学的な指導を徹底しています。

目標は「第一志望全員合格!」進学館サイトはこちらから

洛星中学校
入試結果:2019年度

前期

  4科型 3科型
募集人数 180名
志願者数 374名 96名
受験者数 367名 91名
合格者数 210名 50名
実質倍率 1.76倍
  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 74.4/120 60.6/120 60.5/100 65.4/100 259.4/440
合格者平均点 -/120 -/120 -/100 -/100 -/440
受験者最高点 120/120 97/120 92/100 95/100 350/440
合格者最低点 48/120 34/120 46/100 45/100 257.5/440

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

後期

  4科型 3科型
募集人数 45名
志願者数 172名 117名
受験者数 161名 104名
合格者数 26名 32名
実質倍率 4.57倍
  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 76.1/120 67.8/120 56.0/80 58.7/80 256.4/400
合格者平均点 -/120 -/120 -/80 -/80 -/400
受験者最高点 120/120 94/120 78/80 76/80 367.0/400
合格者最低点 72/120 52/120 48/80 48/80 280.0/400

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

洛星中学校
入試要項:2019年度

  前期 後期
募集人数 180名 45名
選抜方法 算・国・理(・社)
出願期間 12/17~ 1/11 1/20~ 1/23
試験日程 1/19 1/24
合格発表 1/20(掲示) 1/26(手渡し)
  前期 後期
算   数 120点(60分) 120点(70分)
国   語 120点(60分) 120点(70分)
理   科 100点(50分) 80点(40分)
社   会 100点(50分) 80点(40分)
合   計 440点(220分) 400点(220分)

洛星中学校
大学合格実績:2018年度

高校卒業生:212名

国公立大学への進学者数

東京大(現役)    10 (8)
京都大(現役)    42(22)
大阪大(現役)    15 (4)
神戸大(現役)    18 (9)
大阪市立大(現役)   3 (1)
大阪府立大(現役)  11 (4)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役)   15 (5)
慶應義塾大(現役)  14 (2)
関西学院大           8
関西大(現役)    17 (1)
同志社大(現役)   52(10)
立命館大(現役)   60(10)

洛星中学校
過去の入試結果データ

年   度 前期    後期   
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2015 4科型 401 230 1.83 254.9/440(57.9%) 176 23 7.10 237/400(59.3%)
3科型 90 38 108 17
2016 4科型 356 223 1.61 253.0/440(57.5%) 172 31 5.63 250.0/400(62.5%)
3科型 69 41 70 12
2017 4科型 401 231 1.78 267.9/440(60.9%) 156 15 6.02 253/400(63.3%)
3科型 77 37 109 29
2018 4科型 370 215 1.80 300/440(68.2%) 181 31 5.23 275/400(68.8%)
3科型 96 44 133 29
2019 4科型 367 210 1.76 257.5/440(58.5%) 161 26 4.57 280.0/400(70.0%)
3科型 91 50 104 32

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

[予約受付中!] 2020年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している各校の分析レポート2020年度版を無料でお送りします。さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※発送は2020年4月ごろを予定しています。進学館メインステージを受講いただいている方はお申し込み不要です。

ご予約はこちら(無料)

2020年度版 中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集