六甲学院中学校 入試分析 2022年度

2021年入試ではA日程が過去5年で最も少ない受験者となったが、2022年入試では受験者を増やし六甲中の人気復活か、と思わせるものになった。

入試問題を見るとA日程でこれまで難しすぎるところがあった算数が受験生のレベルに合わせたものになり、実力を出しやすい問題になった。すっかり定着した算数の記述は「台形の面積の公式の説明」であった。公式の丸暗記ではなく、小学校の教科書レベルとはいえ、公式の意味を理解しているかどうかを求められるものであった。

B日程は神大附属との掛け持ち受験が可能であるので高いレベルの受験生が増えたと思われる。今後もB日程での合格には高いレベルが求められるであろう。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

六甲学院中学校
算数の出題傾向・対策

A日程…1番は計算、2~6番は答えのみ記入、7~9番は途中の式や考え方を書く大問形式という例年通りの形式。お約束となった記述問題は、台形の面積が「(上底+下底)×高さ÷2」で求められる理由を2種類説明するというものであった。速さに関する出題が目立ち、点の移動という図形との複合問題も合わせると150点満点中合計70点ほどと多くを占める事になった。

平均点は73.8点と5割を切っており、受験者平均を取れば合格できる。すなわち、項数の多い計算問題を確実に合わせて、1枚目にある基本的な問題をしっかりと正解し、2枚目の大問の(1)を確実に得点するという取捨選択が重要である。

B日程…形式はA日程と同じだが、記述式の問題はなし。「ニュートン算」「小立方体の串刺し」など、受験勉強の過程で経験したことがある高いレベルの問題の出題が目立った。B日程は図形の出題が目立ち、およそ65点が割り当てられていた。平均は85.8点とA日程に比べると例年高くなる傾向がある。

六甲学院中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2021

六甲学院中学校
国語の出題傾向・対策

2020年度入試よりA日程は論説文・物語文が各1題と漢字の書き取り問題という形式に変更され、今年度もその形式だった。論説文は昨年度のように図やグラフを引用したものではなく一般的な形式だったが、物語文は昨年同様、同じ物語の中の2つの章から出題される形式だった。

それぞれの大問の終盤には60~70字の記述問題が出題されており、本文中の根拠をすばやく読み取り、解答を完成させる力が必要である。B日程は論説文・物語文が各1題、部首・同音異義語に関する漢字の知識問題が出題された。

論説文は、霊長類学者による新聞記事と、その学者と小説家との対談といった2種類の文章で構成された問題だった。特に対談形式の文章は近年見られないもので、傾向に少し変化がみられる。

両日程ともに、記述問題の約半数は条件文の空所にあてはめる形式であるため、条件文をヒントに文脈を追っていくことと、条件文とのつながりを意識して解答をまとめあげる力を養うことが対策として必要である。

六甲学院中学校 国語分野別出題バランス

六甲学院中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    物理はゴムのつり合い、生物は植物、化学は溶解度と圧力、地学は地震に関して、この順に各1題ずつ出題された。
  2. 昨年までとの比較
    2014年に大問4題の形式に変更され、今年もそれは変わらなかった。各単元の内容を見ると、生物は実験データを読み取らせる問題が例年出題される。物理、化学では計算力を問う問題が多く出題される。地学では計算問題に加え、今年は地震の揺れに関する作図問題が出題された。
  3. 対策
    一昨年は"てこ"、昨年は気体の発生、今年はゴムのつり合い、と計算問題で差がついた。訓練を積めば十分に対応できるレベルなので、さまざまなパターンの解法を習得しておきたい。化学や生物では、今年も実験データの読み取り問題が出題された。問題演習を重ねる中で解説をよく読み、解答にたどりつく過程を大切にしてほしい。また、実験データなどの長文を読ませる問題が多く出題される。今の傾向になった2014年以後の過去問で問題に慣れてほしい。
六甲学院中学校 理科分野別出題バランス
進学館 9月期募集
進学館 体験授業受付中

六甲学院中学校
入試結果:2022年度

A日程

募集人数 145名
志願者数 279名
受験者数 253名
合格者数 163名
実質倍率 1.55倍
  算   数 国   語 理   科
受験者平均点 73.8/150 90.7/150 47.7/100 212.2/400
合格者平均点 85.5/150 96.4/150 53.6/100 235.5/400
受験者最高点 136/150 122/150 80/100 308/400
合格者最低点 -/150 -/150 -/100 199/400

B日程

募集人数 40名
志願者数 507名
受験者数 240名
合格者数 156名
実質倍率 1.54倍
  算   数 国   語
受験者平均点 85.8/150 92.8/150 178.6/300
合格者平均点 108.3/150 97.8/150 206.1/300
受験者最高点 150/150 127/150 269/300
合格者最低点 -/150 -/150 164/300

六甲学院中学校
入試要項:2022年度

  A日程 B日程
募集人数 145名 40名
選抜方法 算・国・理 算・国
出願期間 12/18~1/7
試験日程 1/15 1/18
合格発表 1/16(web) 1/19(web)
  A日程 B日程
算   数 150点(60分) 150点(60分)
国   語 150点(60分) 150点(60分)
理   科 100点(50分)
合   計 400点(170分) 300点(120分)

六甲学院中学校
大学合格実績:2021年度

高校卒業生:159名

国公立大学への合格者数

東京大(現役) 4 (3)
京都大(現役) 20(13)
大阪大(現役) 17(12)
神戸大(現役) 14(4)
大阪市立大(現役) 10(6)
大阪府立大(現役) 8(5)

私立大学への合格者数

早稲田大(現役) 8(4)
慶應義塾大(現役) 9(5)
関西学院大(現役) 50(29)
関西大(現役) 20(7)
同志社大(現役) 56(29)
立命館大(現役) 52(22)

六甲学院中学校
過去の入試結果データ

年  度 A日程 B日程
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2018 238 168 1.42 232/400(58.0%) 237 120 1.98 180/300(60.0%)
2019 267 165 1.62 206/400(51.5%) 258 116 2.22 171/300(57.0%)
2020 309 168 1.84 213/400(53.3%) 283 122 2.32 162/300(54.0%)
2021 235 164 1.43 188/400(47.0%) 218 126 1.73 180/300(60.0%)
2022 253 163 1.55 199/400(49.8%) 240 156 1.54 164/300(54.7%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2023年度版 中学入試分析会資料(予約申込)

当サイトに掲載している分析レポートを無料で進呈!
2023年度版は、現在予約受付中です。
進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

お申し込みはこちら

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-