六甲学院中学校 入試分析 2019年度

2019年度の六甲学院中学校入試、A日程では、受験者は238名→267名と29名の増加で、実質倍率は1.42倍→1.62倍となり、昨年度と比べ難しくなった。

問題をみると、算数・国語で難度が上がり、受験者平均点は算数が94.7点→67.3点、国語が96.4点→83.9点と大きく下がった。そのため、合格者最低点も232点→206点とここ数年で最も大きく下げることになった。

B日程でも、受験者は増加したにもかかわらず、問題が難しくなり、受験者平均点・合格者最低点ともに下げることになった。

算数の出題傾向・難度の変化に動揺する受験生も多く、受験者平均点などを下げる一因になった。対策として、今後も難度はある程度変化することを意識して学習する必要がある。

六甲学院中学校外観写真

六甲学院中学校
算数の出題傾向・対策

A日程…1番の計算、2番~6番は答えのみ記入、7~9番は途中の式や考え方を書く形式というのはこれまで通り。形式は変わらなかったが、今年度は9番で新傾向の問題があった。

これは「120×8-16×55を式にする文章題を作れ」という記述タイプの問題であった。ただ、問題自体は平易だったので、戸惑ったけれど対応できた受験生が多かったようだ。

9番以外は、どこかで見たことがあるタイプの問題にもかかわらず、それぞれひとひねりして難度も高く、受験生を困らせたと思われる。結果として受験者平均点を大きく下げることになった。

B日程…形式はA日程と同じ。ただし、A日程よりも難度が高いサイコロの目を考える・面積を求めるなどのストレートな図形の問題もあれば、数の性質や規則性と図形との融合問題など後半には難度の高い問題が2枚目に続く。

しかし、最後の9番が意外とあっさり解けるので、解ける問題を見つける力が必要である。

六甲学院中学校 算数分野別出題バランス

♦耳より情報♦

中学受験専門塾「進学館」では、同窓生入学金無料制度(2020年1~4月限定 )を実施中です。

詳しくは「同窓生入学金無料制度」をご覧ください。

進学館「2020年1~4月限定 同窓生入学金無料制度」

六甲学院中学校
国語の出題傾向・対策

A日程…随筆文・論説文・物語文が各1題・漢字10問。
B日程…物語文・論説文が各1題・四字熟語10問・対義語5問・類義語5問。

A日程・B日程共に記述問題重視という出題傾向に変化はなかった。

A日程は文章題が3題あり、どの文章題に時間がかかるかわからないため、時間配分に注意する必要がある。


B日程は文章題が2題と熟語の問題が出題されることが続いているので、この出題形式が定着してきたといえる。

A日程と比べて文章題が1題少ないため、出題される文章が長く、記述の字数も多いのでA日程受験者も、他校の後受けとして受ける受験生もしっかりと対策しておかなければならない。

六甲学院中学校を合格するためには、毎年10問出題される漢字を書き切れるようにしておかなければならない。

記述問題については、文脈通りに読み進めて根拠を見つける練習が必要である。文章題の最後には80~100字の記述が出題されることが多いので、ポイントを落とさずに内容をまとめられるようにしておかなければならない。

六甲学院中学校 国語分野別出題バランス

六甲学院中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    物理はてこ、化学は密度と気体の発生、生物はヒトの誕生、地学は天体望遠鏡に関する出題で、各1題ずつであった。
  2. 昨年までとの比較
    2014年度に大問4題の形態に変更され、今年度もそれは変わらなかった。各単元の内容を見ると、生物は実験データを読み取らせる問題が、地学では天体分野の問題が3年連続して出題されている。物理、化学では計算力を問う問題が多く出題されている。また、グラフをかかせる問題も頻出である。
  3. 対策
    一昨年度は気体の発生、昨年度はてこ、今年度は気体の発生、と計算問題で差がついた
    訓練を積めば十分に対応できるレベルなので、さまざまなパターンの解法を習得しておきたい。
    化学や生物で実験データの読み取り問題が出題されている。問題演習を重ねる中で解説をよく読み、解答にたどりつくまでの過程の理解を大切にしてほしい。また、実験データなどの長文を読んで答える問題が多く出題されるので、現在の形態に変わった後の過去問で問題に慣れてほしい。
六甲学院中学校 理科分野別出題バランス

志望校合格を本気で目指すお子さまのために

大切なことは「どれだけ学んだか」ではなく、学んだことを「どれだけ活かせるか」。進学館では「量」より「質」を重視した指導を実施。 体系的な理解と応用力が身につく科学的な指導を徹底しています。

目標は「第一志望全員合格!」進学館サイトはこちらから

六甲学院中学校
入試結果:2019年度

A日程

募集人数145名
志願者数276名
受験者数267名
合格者数165名
実質倍率1.62倍
  算   数 国   語 理   科
受験者平均点 67.3/150 83.9/150 61.6/100 212.8/400
合格者平均点 79.0/150 90.2/150 67.0/100 236.2/400
受験者最高点 121/150 122/150 89/100 307/400
合格者最低点 -/150 -/150 -/100 206/400

B日程

募集人数40名
志願者数532名
受験者数258名
合格者数116名
実質倍率2.22倍
  算   数 国   語
受験者平均点 69.8/150 96.3/150 166.1/300
合格者平均点 96.1/150 105.6/150 201.7/300
受験者最高点 150/150 125/150 258/300
合格者最低点 -/150 -/150 171/300

六甲学院中学校
入試要項:2019年度

  A日程 B日程
募集人数 145名 40名
選抜方法 算・国・理 算・国
出願期間 12/22 ~ 1/11
試験日程 1/19 1/22
合格発表 1/20(web) 1/23(web)
  A日程 B日程
算   数 150点(60分) 150点(60分)
国   語 150点(60分) 150点(60分)
理   科 100点(50分)
合   計 400点(170分) 300点(120分)

六甲学院中学校
大学合格実績:2018年度

高校卒業生:179名

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 8 (4)
京都大(現役) 17(14)
大阪大(現役) 28(15)
神戸大(現役) 12 (9)
大阪市立大(現役) 7 (5)
大阪府立大(現役) 2 (1)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 14 (7)
慶應義塾大(現役) 14 (4)
関西学院大(現役) 22(10)
関西大(現役) 12 (6)
同志社大(現役) 59(26)
立命館大(現役) 33(11)

六甲学院中学校
過去の入試結果データ

年  度 A日程 B日程
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2015 348 163 2.13 206/400(51.5%) 186 84 2.21 188/350(53.7%)
2016 291 161 1.81 204/400(51.0%) 204 92 2.22 203/350(58.0%)
2017 314 172 1.83 231/400(57.8%) 292 104 2.81 211/300(70.3%)
2018 238 168 1.42 232/400(58.0%) 237 120 1.98 180/300(60.0%)
2019 267 165 1.62 206/400(51.5%) 258 116 2.22 171/300(57.0%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

[予約受付中!] 2020年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している各校の分析レポート2020年度版を無料でお送りします。さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※発送は2020年4月ごろを予定しています。進学館メインステージを受講いただいている方はお申し込み不要です。

ご予約はこちら(無料)

2020年度版 中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集