中学受験 入試分析(関西)に訪問いただき、ありがとうございます。このサイトは、中学受験専門の進学塾進学館が運営しています。

志望校合格をより確実にするためには、その中学校が求めている生徒像、出題傾向(偏り)、出題のクセ、そして大学入試の状況を把握して、無理・無駄のない受験指導を受ける必要があります。

進学館では、長年にわたって分析してきた入試問題と、各中学校の担当教諭からお聞きした最新情報を元に、生徒一人ひとりの個性に合わせた指導を実践しています。その入試問題分析結果の一部をこのサイトに掲載いたします。この掲載内容と、例年3月に実施しております「中学入試分析会」の講師報告が、お子さまの志望校選択の一助となれば幸いです。

2021年度 入試分析

2021年度入試は、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、受験校や併願校の決定に時間がかかり、万が一に備え同時出願をされるご家庭も多く、入試当日、例年以上の欠席数となった学校も少なくありません。その中で、2021年度の関西圏中学入試全般で言えることは、安全志向の加速化、最難関校大学附属校の人気健在、中堅校と呼ばれる学校群の難化です。前述の通り、受験校や併願校における決定的な材料が少ないことや、限られた期間内でさまざまな選択・決定を迫られることなどを鑑み、第一志望校や後受け校を、より安全な選択をされるご家庭が多く見られました。

とは言いながらも、いわゆる最難関校や、大学受験制度改革に伴う大学附属校への志望の高まりも否定できず、これらの影響で、中堅校と呼ばれる学校群も全般的に厳しい入試となりました。概して、学校側の予想を超える歩留(ぶど)まり率※1で入学手続きが行われ、急遽上位コースのクラス数を増やした学校もありました。

次年度以降は、全体的に関西圏の中学入試はレベルアップするのではないかと見られています。入試日程や入試倍率は毎年多少なりとも変化します。その年の情報をチェックすること、そして何より多くの学校の情報を集め、個々の将来の目標に合った学校を見つけ、少しでも早くから対策を立てることが大切です。
※1 合格者のうち、どれぐらいが実際に入学するかの割合

男子校

女子校

男女共学

バックナンバー

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集

2021年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している分析レポートの2021年度版を無料で進呈!
さらに、進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※4月19日より順次発送いたします。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-