甲陽学院中学校 入試分析 2021年度

甲陽学院中は、昨年度と比べ、受験者数や実質倍率はほぼ横ばいとなり、依然として高い人気を誇った。各科目の受験者平均点については、国語が両日とも昨年から10点近く下がり難化した一方で、算数は2日目が13点近く上がり易化した。

理科は例年通りの点数に落ち着いた。国語は知識問題が減り、記述問題の割合が増えた。算数は典型題を深く掘り下げる形式で展開され、力の差が表れる問題構成であった。理科は最高点が低く、大問としてすべてを合わせきるのは難しかったと予想される。

総じて、どの科目においても深い理解と根気強さが求められる試験であった。対策としては、過去問演習ならびにその直しを軸とした学習を徹底したい。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

甲陽学院中学校
算数の出題傾向・対策

大問数は1日目も2日目も6題と例年通りの形式となった。平均点は、両日とも60点台で易化したといえる。

また、2015年以降2日目の方が1日目よりも平均点が下がる傾向が続いていたが、今年度は2日目の方が1日目よりも平均点がやや高かった。

出題分野は定番である「シンプルな数の問題」「作図で整理する速さ」「比を駆使する平面・立体図形」が多数出題された。特に1日目の大問5は図が与えられていない図形問題で、正確な作図から相似な形を論理だてて考えていく甲陽らしい問題であった。

また、2日目の大問1では、与えられた文章の真偽を論理的に考える、大学入試を意識した問題であった。 同校の特徴の1つとして、大問の(1)で典型題を出題し、そこにひねりを加えた問題が(2)で出題される。大問を完答するには、日頃から条件整理、立式、作図の3点を意識することが重要である。さらに、別解などについても理解を深め問題の本質に迫ることも大切である。

甲陽学院中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」9月期入塾生募集

甲陽学院中学校
国語の出題傾向・対策

1日目は論説文と物語文、2日目は随筆文と物語文が出題された。出題された文章は2019年と2020年に出版された作品から選ばれており、近年出版された作品から出題される傾向は変わっていない。

漢字・語句については、昨年と同様に出題の仕方にひねりが加えられている問題もあったが、昨年よりも出題数が減っている。その分、難解な記述問題の割合が多くなったため、受験者平均が大きく下がっている。甲陽合格のためには、文章をじっくりと読み、深いレベルまで理解できる読解力が必要となる。

その上で、甲陽がどのような解答を求めているのかを推測し、それを表現することができる高度な記述力が求められる。出題される文章のテーマや記述問題の傾向が大きく変化する学校ではないので、過去問の文章内容・設問内容・解答とその根拠の導き出し方について、暗記するくらい解いておくのが望ましい。

また、漢字語句は貴重な得点源となるので、日々学習しておくようにしたい。

甲陽学院中学校 国語分野別出題バランス

甲陽学院中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    物理2題、化学2題、生物1題、地学1題の合計6題であった。大問数、小問数ともに例年通りであった。
  2. 昨年までとの比較
    平均点は例年と変わらないが、受験者と合格者の差が小さく、また最高点が低い。大問それぞれが完全に解ききることは容易ではなく、例年以上に勘所をおさえて得点すべき年であった。大問6は電流計の内部抵抗を小学生にも分かるように落とし込まれた良問であった。化学は酸化銅と塩酸の反応、炭素の燃焼という題材で十分な説明があるものの、反応について理解するのが難しかったのではないだろうか。
  3. 対策
    生物は題意を読み取り、ポイントをおさえて表現する練習が必要である。地学は学校教科書の学習を大切にしたい。物理・化学は計算力は当然で、合否を分けるのは整理力である。実験手順やデータにある情報を整理すると正解にたどりつける。小問数に対する試験時間が短いため、普段のノート学習で考え方をすばやく整理することを心掛けてほしい
甲陽学院中学校 理科分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

灘中学独特の問題傾向に100%対応した双方向オンライン授業!!「灘中E-Lecture(イー・レクチャー)」

甲陽学院中学校
入試結果:2021年度

募集人数 200名
志願者数 410名
受験者数 380名
合格者数 215名
実質倍率 1.77倍
  算   数 国   語 理   科
受験者平均点 1日目 61.9/100 53.9/100 52.1/100 -/500
2日目 63.2/100 55.1/100
125.1/200 109.0/200 52.1/100
合格者平均点 143.8/200 116.2/200 56.4/100 316.4/500
合格者最高点 197/200 155/200 78/100 397/500
合格者最低点 -/200 -/200 -/100 285/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

甲陽学院中学校
入試要項:2021年度

募集人数 200名
選抜方法 算・国・理
出願期間 12/25 ~ 1/7
試験日程 1/16・1/17
合格発表 1/18(掲示・web)
  1日目 2日目
算   数 100点(55分) 100点(55分)
国   語 100点(55分) 100点(55分)
理   科 100点(55分)
合   計 500点(275分)

甲陽学院中学校
大学合格実績:2020年度

高校卒業生:-

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 33(31)
京都大(現役) 50(22)
大阪大(現役) 16(11)
神戸大(現役) 16 (9)
大阪市立大(現役) 7 (4)
大阪府立大 5        

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 19 (3)
慶應義塾大(現役)    15 (3)
関西学院大
関西大
同志社大(現役) 33 (7)
立命館大

甲陽学院中学校
過去の入試結果データ

年  度 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2017 369 219 1.68 276/500(55.2%)
2018 402 222 1.81 273/500(54.6%)
2019 393 220 1.79 280/500(56.0%)
2020 383 217 1.76 288/500(57.6%)
2021 380 215 1.77 285/500(57.0%)

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集

2021年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している分析レポートの2021年度版を無料で進呈!
さらに、進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※4月19日より順次発送いたします。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-