西大和学園中学校 入試分析 2022年度

受験者数は男子959名、女子205名。関西屈指の最難関私立中学校として、高い人気が続いている。

合格者最低点は、男子よりも女子の方が40~50点高いこともあったが、今年度は8点差に落ち着いた。その理由として、男子の倍率が2.54倍、女子の倍率が2.97倍と、以前より倍率の差が小さくなっていることが挙げられる。

今年度の平均点を見ると、4科が有利とは言えない入試であったが、年度によって各教科の平均点にばらつきがあるので、志望順位が高ければ判定基準の多くなる4科で受験にのぞみたい。

21世紀型特色入試・帰国生入試・英語重視型など、条件が合えば有利になる試験があり、出題傾向に変化がある場合は言及されるので、情報収集も重要な学校である。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

西大和学園中学校
算数の出題傾向・対策

近年、算数の問題については取り組みやすい問題の出題割合が増えている西大和学園の算数。昨年度から、女子の合格者数が二十数名増やされたことにより、男子の平均点が女子の平均点を算数では上回るようになった。

今年度の問題も、かつての問題よりは取り組みやすい問題が増えたとはいえ、難問もバランスよく出題されている。よって、男子最難関志望で難問に取り組むことを楽しむ受験者にとっては訓練してきたレベルの問題となるが、それ以外の受験者にとっては厳しい問題が複数出題される形である。

西大和学園を志す女子は男子最難関レベルの問題に取り組んでおくことが最大の対策になる。

西大和学園中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2021

西大和学園中学校
国語の出題傾向・対策

大問1に論理的文章、大問2に文学的文章、大問3に言葉遊びの問題と段落整序問題が出題された。難易度や文量は例年とほぼ変わらない。

読解では記号問題と記述問題がバランスよく出題されている。記号問題は選択肢が5つあるが、消去法を用いれば正解しやすい問題も多い。本文の細部まで確認し、各選択肢とていねいに照らし合わせる練習が必要である。

また記述問題は、40字~80字までのものが幅広く出題されている。設問の読み落としをせず、ていねいにまとめてほしい。段落整序問題は西大和学園では頻出である。接続詞や指示語に注目し、文の流れを考える習慣をつけることが大切である。

西大和学園中学校 国語分野別出題バランス

西大和学園中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年通り、各分野から1題ずつの出題で、物理は音、化学は気体の発生、地学は飽和水蒸気量について出題された。生物は発芽について出題され、与えられた条件から結果を考察する問題であった。
  2. 昨年までとの比較
    小問数が47題から37題と大きく減った。また、今年度は例年に比べ、標準的な問題の割合が多かったため、昨年度より受験者平均点が約4点上がった。今年度は計算問題が15題と多く、グラフの作成が2題、記述が1題出題された。
  3. 対策
    基礎的な内容から、物理・化学を中心として難関レベルの計算問題にも慣れておく必要がある。
西大和学園中学校 理科分野別出題バランス

西大和学園中学校
社会の出題傾向・対策

今年度も地理・歴史分野からの出題が大部分を占め、公民分野や時事分野からの出題は少なかった。最も出題割合の高かった地理は例年通り地図の読み取りに関する問題が数問出題された。

地図記号に関する知識や等高線の読み取り、縮尺の計算などはほぼ出題されるものとしてしっかり練習しておく必要がある。それ以外にも統計問題、グラフ読解問題、論述問題など一筋縄ではいかない問題が多いので、過去問などを通じてこのようなタイプの問題に慣れていくことが大事である。

歴史は正誤判定や並び替え問題などが多いので、用語を覚える際にはしっかりと背景や意味まで合わせて理解することが必要となる。

西大和学園中学校 社会分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

進学館 夏期講習のご案内

西大和学園中学校
入試結果:2022年度

男子

募集人数 180名
志願者数 1034名
受験者数 959名
合格者数 377名
実質倍率 2.54倍
  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 102.5/150 95.1/150 65.4/100 56.2/100 329.8/500
合格者平均点 121.3/150 103.5/150 74.6/100 61.7/100 374.6/500
受験者最高点 144/150 135/150 100/100 89/100 440/500
合格者最低点 -/150 -/150 -/100 -/100 356/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

女子

募集人数 40名
志願者数 214名
受験者数 205名
合格者数 69名
実質倍率 2.97倍
  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 99.5/150 101.1/150 65.6/100 58.3/100 333.7/500
合格者平均点 117.6/150 108.8/150 74.8/100 64/100 377.0/500
受験者最高点 150/150 131/150 95/100 89/100 437/500
合格者最低点 -/150 -/150 -/100 -/100 364/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

西大和学園中学校
入試要項:2022年度

  男子 女子
募集人数 180名 40名
選抜方法 算・国・理(・社)
出願期間 12/6~1/5
試験日程 1/16午後
合格発表 1/17(web)
算   数 150点(60分)
国   語 150点(60分)
理   科 100点(40分)
社   会 100点(40分)
合   計 500点(200分)

西大和学園中学校
大学合格実績:2021年度

高校卒業生:356名

国公立大学への合格者数

東京大(現役) 76(51)
京都大(現役) 63(42)
大阪大(現役) 25(11)
神戸大(現役) 30(21)
大阪市立大(現役) 18 (9)
大阪府立大(現役) 15 (6)

私立大学への合格者数

早稲田大(現役) 48(23)
慶應義塾大(現役) 62(17)
関西学院大(現役) 28(10)
関西大(現役) 32(16)
同志社大(現役) 81(34)
立命館大(現役) 48(21)

西大和学園中学校
過去の入試結果データ

年   度 男子 女子
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2018 985 467 2.11 284/500(56.8%) 222 37 6.00 326/500(65.2%)
2019 960 520 1.85 342/500(68.4%) 219 37 5.92 398/500(79.6%)
2020 983 524 1.88 325/500(65.0%) 208 36 5.78 365/500(73.0%)
2021 1006 449 2.24 345/500(69.0%) 230 64 3.59 363/500(72.6%)
2022 959 377 2.54 356/500(71.2%) 205 69 2.97 364/500(72.8%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2022年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している分析レポートの2022年度版を無料で進呈!
さらに、進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

お申し込みはこちら

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-