啓明学院中学校 入試分析 2022年度

A方式の実質倍率は、男子はここ5年で最も高かったが、女子は受験者が減った分、2018年度並みに落ち着いた。B方式については男女とも4倍以上となり、高い人気ぶりは健在である。今後も確実にこの傾向は続くと思われる。2022年度もコロナの影響で面接試験がなく、また、A方式では頻出の計算・速さのグラフ・円周率を用いる平面図形・立体図形が出されていた。

国語・理科は、それぞれ例年同様の出題傾向が見られた。合格を狙うためには、算数は頻出単元を徹底的に鍛えること、国語・理科について、基礎知識の定着をはかった上で、過去問や予想問題等を通して「自分の考えを端的にまとめる練習」を積み重ねておく必要がある。

啓明学院中学校
算数の出題傾向・対策

A方式の特徴的なリード文から始める形式が廃止されてから、2年目の試験であった。
出題分野は、計算・小問集合・円周率計算が必要になる立体図形・ひもの通過範囲・水量のグラフ(A方式)、計算・文章題・数列・速さとグラフ・フラクタル図形(B方式)であった。

難易度に関しては、Aが昨年並みで、Bはやや易化した。ABともに解答用紙には、答えのみ記入する部分と途中式を書かなければならない部分があるため、普段の学習より式や解き方を残すことは意識したい。

例年、回転移動や転がり移動の出題が多いが、今年度はひもの通過範囲に関する出題があった。作図の力を磨いておくことは必要である。また、グラフは、途中まで書かれたグラフを完成させることが要求されるため、練習しておきたい。また、方針が立ちやすい問題も多いため答えをしっかりあわせることは必要になる。

普段の学習で盤石な基礎を築き、直前期には頻出単元を過去問からポイントを一つ一つおさえながら学習していくことが効果的である。

啓明学院中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2021

啓明学院中学校
国語の出題傾向・対策

例年通り、A方式・B方式ともに物語文が1題出題された。A方式の文章は学校のオリジナル、B方式の文章は進学館のオープン模試で取り扱ったことのあるものだった。

啓明学院の特徴である、自分の意見を書く自由作文についても、A方式では50字、B方式では400字のものが出題された。A方式では自分の考えを簡潔にまとめる練習を、B方式では作文用紙の使い方を確認した上で、400字以内で自分の考えが相手に伝わるような書き方の練習をする必要がある。

その他の問題については、基本的なものが出題されていたが、記号問題よりも記述問題の割合が多かった。記述問題に関しては、字数を指定しないものが出題されている。そのため、設問文から何を問われているのかを的確に判断し、文章が何を伝えたいのかを把握しスピーディーに解く練習、解答欄の大きさから書く分量を考える練習が求められる。

また、空所補充問題でも慣用句に関する問題が出題されていることから、十分な語彙力を身につける必要がある。

啓明学院中学校 国語分野別出題バランス

啓明学院中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年通り、生物2題、物理・化学・地学から1題ずつの計5題の出題であった。啓明の特徴である自分の考えを説明する問題も1題出題された。今年はドライアイスから発生した気体の体積を、より正確に量る方法について説明させるものだった。
  2. 昨年までとの比較
    啓明学院のもう1つの特徴である、大問1のリード文を読んで考えさせる問題は今年も出題された。今年度のリード文は物理分野の電磁誘導に関する内容であった。大問2以降は基本的な問題が多いが、学校教科書に載っていない内容も出題される可能性がある。リード文も含め、問題文をきちんと読む習慣をつけておきたい。
  3. 対策
    基本的な問題では確実に得点できるように、問題演習を繰り返し行う必要がある。過去問を解くことで、記述問題で自分の考えをまとめる練習や、リード文からヒントを見つける力をつけておきたい。
啓明学院中学校 理科分野別出題バランス
進学館 9月期募集
進学館 体験授業受付中

啓明学院中学校
入試結果:2022年度

男子

  A方式 B方式
募集人数 65名 15名
志願者数 113名 162名
受験者数 109名 72名
合格者数 75名 15名
実質倍率 1.45倍 4.80倍

※A方式:帰国・シンガポール入試受験生を除く

  A方式 B方式
算   数 国   語 理   科 算   数 国   語
受験者平均点 -/100 -/100 -/50 -/250 -/100 -/100 -/200
合格者平均点 -/100 -/100 -/50 -/250 -/100 -/100 -/200
受験者最高点 100/100 91/100 42/50 213/250 97/100 90/100 176/200
合格者最低点 -/100 -/100 -/50 157/250 -/100 -/100 162/200

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

女子

  A方式 B方式
募集人数 65名 15名
志願者数 124名 154名
受験者数 116名 60名
合格者数 82名 15名
実質倍率 1.41倍 4.00倍

※A方式:帰国・シンガポール入試受験生を除く

  A方式 B方式
算   数 国   語 理   科 算   数 国   語
受験者平均点 -/100 -/100 -/50 -/250 -/100 -/100 -/200
合格者平均点 -/100 -/100 -/50 -/250 -/100 -/100 -/200
受験者最高点 98/100 97/100 40/50 218/250 94/100 91/100 178/200
合格者最低点 -/100 -/100 -/50 168/250 -/100 -/100 157/200

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

啓明学院中学校
入試要項:2022年度

  A方式 B方式
募集人数 130名 30名
選抜方法 算・国・理 算・国(作文含む)
出願期間 12/16~1/5
試験日程 1/15 1/17
合格発表 1/16(web・掲示) 1/18(web・掲示)
  A方式 B方式
算   数 100点(50分) 100点(60分)
国   語 100点(50分) 100点(60分)
理   科 50点(30分)
合   計 250点(130分) 200点(120分)

啓明学院中学校
大学合格実績:2021年度

高校卒業生:251名

関西学院大学への合格者数

商学部 37 工学部 5
経済学部 38 国際学部 18
法学部 20 文学部 26
社会学部 37 人間福祉学部 17
総合政策学部 16 教育学部 12
合計 235

啓明学院中学校
過去の入試結果データ

年度 A方式 B方式
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
男子 2018 95 69 1.38 142/250(56.8%) 78 35 2.23 128/200(64.0%)
2019 92 69 1.33 167/250(66.8%) 83 28 2.96 144/200(72.0%)
2020 101 76 1.33 149/250(59.6%) 46 15 3.07 135/200(67.5%)
2021 87 61 1.43 141/250(56.4%) 48 16 3.00 147/200(73.5%)
2022 109 75 1.45 157/250(62.8%) 72 15 4.80 162/200(81.0%)
女子 2018 109 76 1.43 151/250(60.4%) 83 41 2.02 133/200(66.5%)
2019 151 75 2.01 182/250(72.8%) 116 33 3.52 148/200(74.0%)
2020 119 78 1.53 162/250(64.8%) 56 15 3.73 147/200(73.5%)
2021 149 89 1.67 156/250(62.4%) 89 21 4.24 168/200(84.0%)
2022 116 82 1.41 168/250(67.2%) 60 15 4.00 157/200(78.5%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2023年度版 中学入試分析会資料(予約申込)

当サイトに掲載している分析レポートを無料で進呈!
2023年度版は、現在予約受付中です。
進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

お申し込みはこちら

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-