甲陽学院中学校 入試分析 2020年度

今年度も志願者倍率が2倍を超え、男子最難関校として、関西屈指の人気ぶりを示した。合格者最低点については、過去4年間の水準を若干上回るものだったが、各教科を紐解くと、出題レベルが下がったとは決して言えない。

昨年度大幅に平均点が上昇した理科の難度は一気に元の状態、むしろ例年以上の苦戦を強いられる出題となった。

算数は平均点こそ落ち着いたものの、正解を得るには相当な困難を要する問いが随所に見られ、部分点による加点が鍵となったことが想像される。

来年度の対策としては、記述量が減少したとはいえ高度な技量が必要とされる国語の根気強い鍛錬は勿論のこと、算数および理科についても、初見の問題が最高水準で出題されたとしても部分的にでも得点できるよう、過去問やそれと同レベルの難問に立ち向かっていく必要がある。

甲陽学院中学校外観写真

甲陽学院中学校
算数の出題傾向・対策

2日間ともに形式上の変化は見られなかった。昨年度は1日目のほうが2日目より20点以上平均点が高くなるという驚くべき難度の開きで、今年度も1日目が6割強、2日目はほぼ5割という得点率であった。

「1日目は気分よく受けてもらい、2日目に難度をあげる」という同校の意図があらわれた形となったが、歴史的には2日目のほうが平均点が高かった年も少なくないので、来年度もこの傾向が続くとは言い切れない。

出題分野はここ数年の定番となった「速さ、数、平面図形、立体図形」がたっぷりと出題され、テキストなどでよく見かける問題をちょっとだけ改題する甲陽らしい作問も見られた。

そして、甲陽の大きな特徴ともいえる「難度順に大問をならべないこと」については今年度も健在で、1日目は5番、2日目は3番にテスト内で最も難度の高い出題が配置された。

制限時間に対し出題数は多くないので、じっくり考え、足跡を答案に残しながら正解に近づく練習を平素から意識して取り組むことが肝要である。

甲陽学院中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2020

甲陽学院中学校
国語の出題傾向・対策

1日目・2日目ともに論説文・物語文1題ずつの出題であった。今年度は1日目に出題された論説文が読解・記述問題ともに難しく、苦戦した受験生が多かったのではないかと思われる。

他の3つの文章については、比較的読みやすい内容だった。出題された文章については例年と同様に最新の著作から選ばれており、最先端を行こうとする学校側の心意気は変わっていない。

漢字語句については、出題の仕方にひねりが加えられている問題もあったが、例年に比べて出題数が多く、ここである程度点数を確保することができたため、2日間の受験者平均点が近5年で一番高くなった。

合格のためには、高いレベルの読解力・記述力を身につける必要がある。出題される文章のテーマや記述問題の傾向が大きく変化する学校ではないので、過去問の文章内容・設問内容・解答とその根拠の導き出し方について、暗記するくらい解いておくのが望ましい

また、漢字語句は貴重な得点源となるので、日々学習しておくようにしたい。

甲陽学院中学校 国語分野別出題バランス

甲陽学院中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    物理2題、化学2題、生物1題、地学1題、大問数は例年通り6題だが小問数が減少した。
  2. 昨年までとの比較
    大問1の生物は実験・考察という種類の問題はなかった。大問2の川の問題は例年通り時事的な出題であった。大問3の溶解度は冒頭の説明の理解が鍵である。受験生は例年より前半で苦労したのではないだろうか。大問4の音は題意を理解するのが難しかったであろう。一方、大問5の熱による体積変化は段階的に問いを進めることができるようにできている。大問6は頻出の化学反応に関する問題であった。最後の2題で得点できるかどうかが合否を分けたことが想像できる。
  3. 対策
    生物は題意を読み取り表現する練習が必要である。地学は学校教科書の学習を大切にしたい。物理・化学は計算力は当然で、合否を分けるのは整理力である。実験手順やデータにある情報を整理すると正解にたどりつける。普段のノート学習で考え方を整理することを心掛けてほしい。
甲陽学院中学校 理科分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

灘中学独特の問題傾向に100%対応した双方向オンライン授業!!「灘中E-Lecture(イー・レクチャー)」

甲陽学院中学校
入試結果:2020年度

募集人数 200名
志願者数 410名
受験者数 383名
合格者数 217名
実質倍率 1.76倍
  算   数 国   語 理   科
受験者平均点 1日目 60.7/100 63.3/100 53.9/100 -/500  
2日目 50.4/100 64.5/100
111.1/200 127.8/200 53.9/100
合格者平均点 129.0/200 133.5/200 58.6/100 321.1/500
合格者最高点 185/200 168/200 83/100 403/500
合格者最低点 -/200 -/200 -/100 288/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

甲陽学院中学校
入試要項:2020年度

募集人数 200名
選抜方法 算・国・理
出願期間 12/25 ~ 1/7
試験日程 1/18・1/19
合格発表 1/20(掲示)
  1日目 2日目
算   数 100点(55分) 100点(55分)
国   語 100点(55分) 100点(55分)
理   科 100点(55分)
合   計 500点(275分)

甲陽学院中学校
大学合格実績:2019年度

高校卒業生:206名

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 34(24)
京都大(現役) 49(36)
大阪大(現役) 23(13)
神戸大(現役) 13 (8)
大阪市立大(現役) 6 (3)
大阪府立大 3         

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 16 (6)
慶應義塾大(現役)    20 (3)
関西学院大
関西大
同志社大(現役) 31 (2)
立命館大 24         

甲陽学院中学校
過去の入試結果データ

年  度 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2016 382 220 1.74 271/500(54.2%)
2017 369 219 1.68 276/500(55.2%)
2018 402 222 1.81 273/500(54.6%)
2019 393 220 1.79 280/500(56.0%)
2020 383 217 1.76 288/500(57.6%)

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集

[予約受付中!] 2021年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している分析レポートの2021年度版を無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※発送は2021年5月頃を予定しております。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会