神戸女学院中学部 入試分析 2022年度

昨年同様、コロナ禍での入試であったが、例年通り、算国理社の4科目のテストと体育実技テストが行われた。合格最低点は、286点(昨年)→260点(今年)と26点下がった。合格者数は昨年と同じ154名で、受験者数は昨年より37名減ったため、倍率も下がった。

科目別に見ると、算数は過去問で出題されたことのある典型的な問題も見られ、昨年よりやや難しくはなったものの神戸女学院としての平均的なレベルであった。国語は論理的文章が出題されず、記述問題の量が減った。理科は総合的な記述問題が多く出題された。社会は小問数がやや減少したが例年通りの形式だった。合格するためには、過去問を徹底的にやりこむことと、標準レベルまでの問題をきっちり合わせることが重要である。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

神戸女学院中学部
算数の出題傾向・対策

大問数は昨年同様6題であったが、小問数は、14題から16題となり微増した。各大問の(1)は比較的易しい問題であることが多いので、ここでしっかりと合わせておきたい。また、すべての問題が、答えだけでなく、途中の式や考え方を書かせる問題なので、難問であったとしても分かることをしっかりと書いて部分点を狙う必要がある。

今年の問題を全体的に見ると、「数の性質」「割合」「規則性」「場合の数」「水量変化」といった頻出単元からの出題が多く、神戸女学院の算数らしさを踏襲するいつも通りの内容であった。過去問をしっかりと解き、採点者に伝わる答案づくりを意識した学習を心がけたい。

神戸女学院中学部 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2021

神戸女学院中学部
国語の出題傾向・対策

物語文・随筆文・詩がそれぞれ1題ずつ出題され、大問3題の構成という点では例年通りだったが、1日入試になってから必ず出題されていた論理的文章の出題がなく、随筆文が文学的文章であったことで動揺した受験生はいたかもしれない。ただし、設問で、今まで論理的文章で出題されていたものが随筆文で出題されたという点では、例年と大きな差はなかったと言える。

また、昨年まで増える傾向にあった物語文の記述の字数が今年度は最大で70字と書かせる量は減ったが、その分、物語文の長さは非常に長いものとなったので、やはり長文を素早く読み解く力、そして記述力はしっかりと身に付けておきたい。

神戸女学院中学部 国語分野別出題バランス

神戸女学院中学部
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    各分野の大問数に変動はあるものの、例年通り各分野からバランスよく出題された。
  2. 昨年までとの比較
    女学院特有の、学校教科書の知識を細かく理解していないと解けない正誤判定、記号選択問題は健在であった。例年、記述の出題は多いが、今年は環境問題など身の回りの生活についての内容が目立った。また、物理では作図問題が復活した。
  3. 対策
    体系的な知識の構築が必要である。学校教科書内容も細かい部分までおさえておきたい。化学は計算問題の練習を積み、得点源にしてほしい。また、時事問題や記述問題の対策として、普段の生活から理科的なニュースに触れていってほしい。
神戸女学院中学部 理科分野別出題バランス

神戸女学院中学部
社会の出題傾向・対策

大問数は5題(地理2題・歴史2題・公民1題)で昨年度と同様、小問数は78問で昨年度よりやや減少した。

分野別に見ると、地理・歴史で「千曲川」や「小石川養生所」を記述させる難問はあったが、全体的な問題レベルとしては標準的である。公民は近年頻出の正誤組み合わせ問題で、「ソーシャルメディア」や「ローリングストック法」など、現代社会に引き付けた題材が多い。

対策としては、6年生の夏までに基本知識を確実に定着させた上で、以降は過去問を用いた問題の取捨選択トレーニング、学校教科書の徹底確認、話題となったニュースや用語に関連する知識増強が有効である。

神戸女学院中学部 社会分野別出題バランス
進学館 9月期募集
進学館 体験授業受付中

神戸女学院中学部
入試結果:2022年度

募集人数 135名
志願者数 229名
受験者数 228名
合格者数 154名
実質倍率 1.48倍
  算   数 国   語 理   科 社   会 体育実技
受験者平均点 -/120 -/120 -/100 -/100 -/20 -/460
合格者平均点 -/120 -/120 -/100 -/100 -/20 -/460
合格者最高点 -/120 -/120 -/100 -/100 -/20 337/460
合格者最低点 -/120 -/120 -/100 -/100 -/20 260/460

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

神戸女学院中学部
入試要項:2022年度

募集人数 135名
選抜方法 算・国・理・社
体育実技
・バスケットボールのシュート
[5号ボール](20秒間)
・縄とび
[二重とび](20秒間)
・マット運動
[後転]
・ハンドボール投げ
出願期間 12/24 ~ 1/6
試験日程 1/15・1/17
合格発表 1/18(速達・web)
  1日目 2日目
算   数 120点(50分)
国   語 120点(50分)
理   科 100点(45分)
社   会 100点(45分)
体育実技 20点
合   計 460点(190分)

神戸女学院中学部
大学合格実績:2021年度

高校卒業生:136名

国公立大学・私立大学:非公開

神戸女学院中学部
過去の入試結果データ

年  度 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2018 248 159 1.56 268/460(58.3%)
2019 256 155 1.65 244/460(53.0%)
2020 240 153 1.57 249/460(54.1%)
2021 265 154 1.72 286/460(62.2%)
2022 228 154 1.48 260/460(56.5%)

2023年度版 中学入試分析会資料(予約申込)

当サイトに掲載している分析レポートを無料で進呈!
2023年度版は、現在予約受付中です。
進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

お申し込みはこちら

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-