東大寺学園中学校 入試分析 2022年度

今年度は、募集人数が200名へと変更されて2年目の入試であったが、受験者数は869名から856名へとわずかに減少した。ただし合格者数は昨年よりも少なめであったため、倍率は昨年の2.16倍から2.30倍へと変化した。最難関校の一つとして、高い人気を誇っている。

例年通り3科型・4科型の入試を行ったが、理科の合格者平均点が62.4点であるのに対し、社会の合格者平均点は72.6点であり、4科型受験の方が圧倒的に有利と言える。

東大寺学園の入試は、すべての科目において本質的な理解をともなっていなければ得点が難しい良問ばかりである。日頃からじっくりと問題に向き合い、物事の本質を捉える学習を積み重ねたい。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

東大寺学園中学校
算数の出題傾向・対策

2013年に計算の出題数が2題から1題となったが、2022年計算問題は遂に姿を消した。出題数が昨年の13問から17問と増え、60点以上の受験者が全体の18.7%と減少した。問題難度が高いだけに、得点できる問題を見抜く力も養いたい。

解答用紙は大問2以降、式・考え方を記入させる形式である。普段から思考過程をノートに残していただきたい。難度は高いが、決して無理難題ではない。一見みたことのないような問題を、今までの知識をどう応用させるかを問う良問だらけである。

平面図形、場合の数、立体の切断、速さ、数の性質等頻出分野を中心に、算数を心行くまで考えて楽しむことが大切である。

東大寺学園中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2021

東大寺学園中学校
国語の出題傾向・対策

大問1は漢字の書き取りと短文作文が出題された。東大寺の漢字は難易度が非常に高く、前後の言葉から熟語の意味を考えて書き取る必要がある。

短文作文は「まだしも」を用いた例文づくりであった。大問2は、コロナ禍において社会が「安心」を求める方向に向かうほど、人と人との「信頼」が失われるという論説文であった。大問3は、少女の「心の成長」をテーマとした物語文であった。設問は、記号問題と記述問題が中心で、記述問題は、60字~80字の長めの記述である。

東大寺に合格するには、豊富な語彙力に加え、高いレベルでの読解力とポイントをおさえた記述力が必要不可欠である。

東大寺学園中学校 国語分野別出題バランス

東大寺学園中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年通り、物理・化学が2題ずつ、生物・地学が1題ずつ出題された。試験時間は50分で、小問数は59題であった。
  2. 昨年までとの比較
    自然界の現象について、生活と関わりのあることをテーマに取り上げた出題が例年通り見られた。今年度は昨年度の46題から59題と増加したことから、時間的な制約が厳しかったと考えられる。そのため、受験者平均点は昨年度より7点ほど低くなった。
  3. 対策
    知識は資料集などを用いて細かい内容まで身につけておきたい。また初見の計算問題に対応するために、普段の学習から考察のポイントを書きだすことを習慣化しておきたい。
東大寺学園中学校 理科分野別出題バランス

東大寺学園中学校
社会の出題傾向・対策

昨年度見られたような論述問題の出題はなく、選択記号問題の割合が非常に多いという例年通りのスタイルであった。大部分が解答するまでに複数の知識を必要とし、データ・グラフの分析といった思考力も必要とする選択記号問題が随所にみられる東大寺スタイルは健在で、試験時間の50分を短く感じさせる問題内容となっている。

1問に費やせる時間を把握するためにも、9月くらいから過去問を解き始め、ある程度慣れていく必要があるが、地理・歴史・公民において豊富な知識が必要となるので、過去問に取り組み始める前にはある程度の知識量を確保しておきたい。

東大寺学園中学校 社会分野別出題バランス
進学館 9月期募集
進学館 体験授業受付中

東大寺学園中学校
入試結果:2022年度

  3科型 4科型
募集人数 200名
志願者数 344名 558名
受験者数 331名 525名
合格者数 160名 212名
実質倍率 2.07倍 2.48倍
  算数 国語 理科 社会 ※計
受験者平均点 3科型 53.2/100 57.2/100 58.0/100 224.4/400
4科型 41.6/100 55.6/100 53.5/100 65.8/100 217.5/400
全体 46.1/100 56.2/100 55.2/100 65.8/100 220.2/400
合格者平均点 3科型 63.8/100 63.1/100 65.1/100 256.0/400
4科型 51.7/100 61.5/100 60.3/100 72.6/100 247.6/400
全体 56.9/100 62.2/100 62.4/100 72.6/100 251.2/400
合格者最高点 3科型 100/100 84/100 95/100 362.7/400
4科型 94/100 84/100 84/100 92/100 321/400
合格者最低点 3科型 33/100 34/100 44/100 224/400
4科型 25/100 32/100 39/100 29/100 224/400

3科の得点を3分の4倍して判定

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

東大寺学園中学校
入試要項:2022年度

募集人数 200名
選抜方法 算・国・理(・社)
出願期間 12/6~12/15
試験日程 1/17
合格発表 1/19(掲示・web)
算数 100点(60分)
国語 100点(50分)
理科 100点(50分)
社会 100点(50分)
合計 400点(210分)

東大寺学園中学校
大学合格実績:2021年度

高校卒業生:225名

国公立大学への合格者数

東京大(現役) 29(22)
京都大(現役) 70(43)
大阪大(現役) 13(7)
神戸大(現役) 9(4)
大阪市立大(現役) 6(2)
大阪府立大(現役) 14(2)

私立大学への合格者数

早稲田大(現役) 22(1)
慶應義塾大(現役) 24(2)
関西学院大 3
関西大(現役) 13(2)
同志社大(現役) 69(4)
立命館大(現役) 42(2)

東大寺学園中学校
過去の入試結果データ

年度 3科型 4科型
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2018 335 154 2.18 240.0/400(60.0%) 576 219 2.63 239.0/400(59.8%)
2019 308 153 2.01 253.3/400(63.3%) 576 198 2.91 254/400(63.5%)
2020 321 171 1.88 250.7/400(62.7%) 588 190 3.09 250/400(62.5%)
2021 326 186 1.75 249.3/400(62.3%) 543 216 2.51 249/400(62.3%)
2022 331 160 2.07 224.0/400(56.0%) 525 212 2.48 224/400(56.0%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2023年度版 中学入試分析会資料(予約申込)

当サイトに掲載している分析レポートを無料で進呈!
2023年度版は、現在予約受付中です。
進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

お申し込みはこちら

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-