東大寺学園中学校 入試分析 2019年度

東大寺学園中学校の2019年度の入試は、5年ぶりに2.5倍を超える狭き門となり、その人気の高さが揺るぎないものであることを物語っている。

注目すべき点としては、まず、算数の難度が大きく上昇した点があげられる。例年難度の高い問題が出題されている算数ではあるが、全体の合格者平均点が60点を下回ったのは5年ぶりである。

また、理科と社会について、昨年度は合格者平均点が社会の方が10.1点高く、4科型受験者に有利な入試となっていたが、今年度は社会の方が0.1点高いだけというほぼ差がない結果となった。
3科型受験の不利を解消しようとした配慮がうかがえるが、理科の合格者平均点が社会を上回った入試は過去10年のうち1度しかないため、志望者は4科型受験での学習をすすめておきたい。

東大寺学園中学校
算数の出題傾向・対策

大問数は昨年度の4題のままであったが、問題用紙は1枚増えて全4枚と変化した。算数の合格者平均点も昨年度と比べると8点ほど低く、難化したといえる。

同校の算数の特徴として、単元を問わず問題文が非常にシンプルに表現されていること、解答用紙が表裏両面の1枚で広いスペースに考え方や式を残す必要があることの2点が挙げられる。
つまり、問題文にある条件を丁寧に整理するだけでなく、その整理した条件を表や図で相手に伝わるよう、日ごろのノート作りを意識しなければならない。

また、図形についても、問題の背景にある角度・長さ・面積・体積のそれぞれの関係性について深く理解しておきたい。

東大寺学園中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の夏期講習2020

東大寺学園中学校
国語の出題傾向・対策

ここ最近出されていなかった短文作成問題が大問1で出題された。
漢字は例年と比べ取り組みやすいものが多かった。
論理的文章の長さは例年通りの1枚半ほど、文学的文章の長さも例年通りの2枚半ほどであり、どちらも2018年出版の新作の本から出題された。

記述問題は論理的文章で15字以内と100字以内、文学的文章で字数指定無しと60字以内の出題があった。
論理的文章の最後で本文の話の進め方についての記号問題が出題された。記号問題は要点や心情をじっくり読み込まないと解けない難問が出題される。
合格のためには、文章を深く理解する読解力と要点や心情をまとめる高い記述表現力が求められる。

東大寺学園中学校 国語分野別出題バランス

東大寺学園中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    物理・化学が2題ずつ、生物・地学が1題ずつ出題された。試験時間は50分で、小問数は50問であった。
  2. 昨年までとの比較
    自然界の事物や現象について、普段の生活と特に関わりの深いことをテーマとした出題が例年通り見られた。昨年度より生物分野の問題が取り組みやすくなっており、過去に出題されたことがある問題も含まれていた。そのため、受験者平均点は昨年度より高くなっている。
  3. 対策
    普段の生活で見聞きして疑問に思ったことは資料集などで調べる習慣を身につけたい。計算に関しては、てこや電流などの頻出分野のパターン演習を積んでおく必要がある。
東大寺学園中学校 理科分野別出題バランス

東大寺学園中学校
社会の出題傾向・対策

問題用紙8枚、試験時間50分、問題数50問というスタイルは今年度も継承された。
このスタイルの中で最も注意すべき点は、全国でも屈指の長い試験時間だが、過去問を解くことで東大寺特有の出題スタイルに慣れると同時に、試験時間への対応も可能である。

出題傾向の最大の特徴は、単純な知識を問う一問一答形式の問題はほとんど出題されず、正誤判断やデータ・グラフの分析といった思考力を必要とする問題が非常に多いということである。
その傾向が顕著にみられるが、地理分野の学習では、歴史・公民分野以上に、背景や意味をしっかりと理解することが重要である。

東大寺学園中学校 社会分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

東大寺学園中学校
入試結果:2019年度

  3科型 4科型
募集人数 176名
志願者数 320名 614名
受験者数 308名 576名
合格者数 153名 198名
実質倍率 2.01倍 2.91倍
  算   数 国   語 理   科 社   会 ※計
受験者平均点 3科型 53.7/100 62.4/100 71.9/100 250.7/400
4科型 43.5/100 61.0/100 63.0/100 70.8/100 239.3/400
全体 47.0/100 61.5/100 66.1/100 70.8/100 243.3/400
合格者平均点 3科型 63.5/100 67.8/100 78.5/100 279.7/400
4科型 55.7/100 67.6/100 73.9/100 76.0/100 275.2/400
全体 59.1/100 67.7/100 75.9/100 76.0/100 277.2/400
合格者最高点 3科型 92/100 88/100 93/100 338.7/400
4科型 89/100 84/100 99/100 98/100 340/400
合格者最低点 3科型 40/100 49/100 54/100 253.3/400
4科型 27/100 44/100 47/100 32/100 254/400

3科の得点を3分の4倍して判定

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

東大寺学園中学校
入試要項:2019年度

募集人数 176名
選抜方法 算・国・理(・社)
出願期間 12/6 ~ 12/17
試験日程 1/21
合格発表 1/23(掲示・web)
算   数 100点(60分)
国   語 100点(50分)
理   科 100点(50分)
社   会 100点(50分)
合   計 400点(210分)

東大寺学園中学校
大学合格実績:2018年度

高校卒業生:210名

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 18(11)
京都大(現役) 57(33)
大阪大(現役) 20(11)
神戸大(現役) 19(7)
大阪市立大(現役) 8(3)
大阪府立大(現役) 10(3)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 13(2)
慶應義塾大(現役) 26(1)
関西学院大(現役) 11(1)
関西大(現役) 13(1)
同志社大(現役) 50(3)
立命館大(現役) 35(2)

東大寺学園中学校
過去の入試結果データ

年  度 3科型 4科型
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2015 312 140 2.23 254.7/400(63.7%) 479 185 2.59 254/400(63.5%)
2016 293 149 1.97 281.3/400(70.3%) 541 198 2.73 281/400(70.3%)
2017 360 151 2.38 254.7/400(63.7%) 534 213 2.51 254.7/400(63.7%)
2018 335 154 2.18 240.0/400(60.0%) 576 219 2.63 239.0/400(59.8%)
2019 308 153 2.01 253.3/400(63.3%) 576 198 2.91 254/400(63.5%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」の夏期講習2020