須磨学園中学校 入試分析 2019年度

2019年度の須磨学園中学校の入試は、第1回から第3回まで全日程を通じて受験者数が昨年度より増加した。実質倍率3倍前後は4年ぶりの水準で、非常に狭き門となった。須磨学園中学志願者の受け皿として夙川中学ができたことも一因と考えられるが、平均点などを見ると学力の高い志願者が増えていることがうかがえる。
全日程で合格者最低点が昨年度より高くなり、点を取りきれるように仕上げられたかどうかが合否を分けた。

問題形式は全科目で昨年度を踏襲しており、難度において第1回では本命として受験する志願者に対する配慮が見られた。
今後も人気校として注目を集めていく須磨学園中学を志望するためには、高倍率の中で競っていく覚悟と早めの準備、特に大学入試改革を視野に入れた本質を捉えた学習が必要となる。

須磨学園中学校外観写真

須磨学園中学校
算数の出題傾向・対策

問題形式は例年通りの大問5題。大問1は計算問題、大問2は小問集合、大問3以降は1つのテーマを掘り下げて考えていく誘導形式の問題。第2回までは昨年度より難度の高い問題が増えた印象だが、受験者平均点は高く、受験生のレベルが上がっていると思われる。

大問2までのロスをできる限り減らし、大問3以降も半分以上正解させ、150点満点中100点以上を取ることが必須。
場合の数など大学入試改革にあわせた目新しい設定の問題にも対応を要する。

過去問を通して典型的な問題の解法を身につけるのはもちろん、思考力を要するタイプでも条件整理をしながら解き進める練習を積んでおきたい。

須磨学園中学校 算数分野別出題バランス

♦耳より情報♦

中学受験専門塾「進学館」では、同窓生入学金無料制度(2020年1~4月限定 )を実施中です。

詳しくは「同窓生入学金無料制度」をご覧ください。

進学館「2020年1~4月限定 同窓生入学金無料制度」

須磨学園中学校
国語の出題傾向・対策

今年度も昨年度より変更された出題形式を踏襲し、大問1が論説文、大問2が随筆文という大問2題の構成である。須磨学園の特徴は、記号選択問題と長文記述問題で構成されていることだ。今年度も各大問の前半で記号選択問題が多く出題された。
しかし、例年大問1 題につき1問出題されていた100~120字の長文記述が、今年度の第1回では大問2に1問出題されただけだったので、記述量の減少が見られた。第2回、第3回では全体的な記述量に変更はなかった。
以上のことから、須磨学園を受験するには選択肢を正確に選ぶ力と長文記述を書く力を身につけておく必要がある。

須磨学園中学校 国語分野別出題バランス

須磨学園中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    各回とも物理・化学・生物・地学各1題ずつの出題である。
  2. 昨年までとの比較
    今年度は第1回が他の回と比べて比較的取り組みやすい内容になっている。また、第3回は試験時間が長いためか、数理処理の必要な問題が多い。今年度は各回で、曲線となるグラフをかく問題が出題された。
  3. 対策
    問題文が長く、題材は常に新しいものが多い。普段から問題をすみずみまで読む癖をつけ、重要な情報がどこに書かれているかをすばやく把握する練習が大切である。また、さまざまな難度の問題が出題されるので、やりやすい問題から解く習慣をつけておきたい。
須磨学園中学校 理科分野別出題バランス

須磨学園中学校
社会の出題傾向・対策

第1回と第2回の両日程において、問題数が40問弱であり、昨年度から減少した。40分という試験時間から逆算すると、1問につき約1分ペースで取り組むことになるが、随所に難問が存在することを踏まえると、標準問題を素早く解き切るスピードと正確性が要求された。

様々な分野から出題されるが、特に地理と歴史からの出題が多くなっているため、地理と歴史の基本知識は早期に完成させて、得点源としたい。また、各分野の基本知識を土台にしたうえで、理由説明を求める論述問題やグラフ、地図、写真、歴史史料を交えた問題が出題されるため、日頃から過去問等を活用して対策することが有効である。

須磨学園中学校 社会分野別出題バランス

志望校合格を本気で目指すお子さまのために

大切なことは「どれだけ学んだか」ではなく、学んだことを「どれだけ活かせるか」。進学館では「量」より「質」を重視した指導を実施。 体系的な理解と応用力が身につく科学的な指導を徹底しています。

目標は「第一志望全員合格!」進学館サイトはこちらから

須磨学園中学校
入試結果:2019年度

第1回第2回第3回
募集人数A80名 B40名
志願者数 268名 481名 497名
受験者数 262名 470名 479名
合格者数 23名 33名 39名
67名 118名 126名
実質倍率 2.91倍 3.11倍 2.90倍

第1回

  算   数 国   語 理   科 3科 社   会 4科
受験者平均点 93.3/150 84.5/150 60.4/100 238.2/400 64.7/100 308.3/500
合格者
平均点
B 122.6/150 105.6/150 75.3/100 303.5/400 90.0/100 370.0/500
A 110.0/150 92.9/150 67.2/100 270.0/400 65.8/100 332.7/500
合格者最高点 142/150 126/150 90/100 342/400 93/100 371/500
合格者最低点 85/150 67/150 43/100 B        294/400 44/100 B        368/500
A        260/400 A        325/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

第2回

  算   数 国   語 理   科 3科 社   会 4科
受験者平均点 91.4/150 94.8/150 59.1/100 245.2/400 62.2/100 315.3/500
合格者
平均点
B 120.9/150 113.6/150 71.1/100 305.6/400 77.0/100 382.5/500
A 106.8/150 106.7/150 63.7/100 277.2/400 67.5/100 345.9/500
合格者最高点 147/150 138/150 89/100 336/400 91/100 399/500
合格者最低点 68/150 77/150 47/100 B        296/400 48/100 B        370/500
A        270/400 A        338/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

第3回

  算   数 国   語 理   科 算国計 算理計
受験者
平均点
算国型 99.8/150 86.1/150 182.6/300
算理型 92.9/150 198.5/300
合格者
平均点
B 122.5/150 115.7/150 119.5/150 234.8/300 245.0/300
A 113.2/150 101.2/150 100.0/150 212.3/300 215.5/300
合格者最高点 144/150 137/150 149/150 256/300 292/300
合格者最低点 74/150 69/150 76/150 B        234/300 B        234/300
A        209/300 A        209/300

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

Topic:連続受験時の加点について
第1回+第2回受験→第2回に5点加算/第2回+第3回受験→第3回に5点加算
第1回+第3回受験→第3回に7点加算/第1回+第2回+第3回受験→第3回に10点加算

須磨学園中学校
入試要項:2019年度

  第1回 第2回 第3回
募集人数 A80名   B40名
選抜方法 算・国・理(・社) 算・国or 理
出願期間 1/8 ~ 1/17 1/8 ~ 1/20
試験日程 1/19 1/20 1/20午後
合格発表 1/20
(掲示・web)
1/21
(掲示・web)
  第1回・第2回 第3回
算数 150点(60分) 150点(60分)
国語 150点(60分) 150点(60分)
理科 100点(40分) 150点(60分)
社会 100点(40分)
合計 500点(200分) 300点(120分)

第3回は国語・理科選択制

須磨学園中学校
大学合格実績:2018年度

高校卒業生:384名

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 2(2
京都大(現役) 17(9
大阪大(現役) 18(17
神戸大(現役) 33(26
大阪市立大(現役) 5(5
大阪府立大(現役) 16(15

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 16(11
慶應義塾大(現役) 7 (5
関西学院大(現役) 85(77
関西大(現役) 57(34
同志社大(現役) 97(74
立命館大(現役) 82(62

須磨学園中学校
過去の入試結果データ

第1回入試のみのデータです。

年度 受験者 合格者 実質倍率 B合格者最低点 A合格者最低点
合格者3科4科合格者3科4科
2015 187 70 2.67 23 296/400(74.0%) 370/500(74.0%) 47 272/400(68.0%) 340/500(68.0%)
2016 184 84 2.19 23 296/400(74.0%) 370/500(74.0%) 61 262/400(65.5%) 328/500(65.6%)
2017 223 87 2.56 20 284/400(71.0%) 355/500(71.0%) 67 257/400(64.3%) 322/500(64.4%)
2018 226 82 2.76 21 289/400(72.3%) 362/500(72.4%) 61 248/400(62.0%) 310/500(62.0%)
2019 262 90 2.91 23 294/400(73.5%) 368/500(73.6%) 67 260/400(65.0%) 325/500(65.0%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

[予約受付中!] 2020年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している各校の分析レポート2020年度版を無料でお送りします。さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※発送は2020年4月ごろを予定しています。進学館メインステージを受講いただいている方はお申し込み不要です。

ご予約はこちら(無料)

2020年度版 中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集