西大和学園中学校 入試分析 2019年度

西大和学園中学校が男女共通の入試問題になって4年目。例年、合格者最低点は40~50点女子の方が高いが、今年度は56点の差があった。
ただ、今年度の西大和学園の入試問題について最も注目すべきポイントは算数の問題の変化である。
得点分布はきれいに出ているが、事前に学校説明会で予告されていた通り、前半の問題が解きやすくなり平均点がはっきりと上がった。

来年度の問題の難度については、学校説明会等で雰囲気を伝えてくれる学校なので情報をしっかりと収集する必要がある。

今年度は算数の平均点が高かった分、必ずしも4科選択が有利とは言い切れない入試であったが、過去数年の入試問題を振り返ると算数の平均点のばらつきが大きいので、社会が得意であれば安全度が高まる入試である。

西大和学園中学校
算数の出題傾向・対策

女子コースが創設されてから6年目の今年度。初めの2年は男女別々の問題で取り組みやすい問題、男女共通の問題となってからは、3年目は男子最難関校で出題された問題の類題が多く、4年目は西大和の過去問の類題が多く第一志望の受験生が取り組みやすい問題、5年目は最後の大問4で女子が好まないパズル的な問題が出題された。

6年目となる今年度は事前に学校説明会等で予告されていた通りに1番からは難問が除外され、また2番以降の問題でも女子にとって厳しいと思われるヒラメキが必要な問題は出題されなかった。
出題パターンに変化が多く地力が求められる学校なので粘り強く取り組む練習が必要である。

西大和学園中学校 算数分野別出題バランス

♦耳より情報♦

中学受験専門塾「進学館」では、同窓生入学金無料制度(2020年1~4月限定 )を実施中です。

詳しくは「同窓生入学金無料制度」をご覧ください。

進学館「2020年1~4月限定 同窓生入学金無料制度」

西大和学園中学校
国語の出題傾向・対策

例年通り、今年度も大問3題構成だった。大問1が論理的文章、大問2が文学的文章という点では昨年度までと同じだが、今年度は大問3に大きな変更点があり、例年出題されている段落整序問題に加えて、慣用句の構造に関する問題が出題された。

大問1、大問2の文章題では、記号問題の割合が多いものの、消去法を用いて解答を選べるものもある。文中の根拠を明確にすること、選択肢を細部まで読み取ることができれば十分対応可能である。

また、論理的文章で80字、文学的文章で40字と80字の記述問題が出題された。文章全体を踏まえた記述問題は頻出のため、文中の要点を正確につかむ練習を重ねる必要がある。

西大和学園中学校 国語分野別出題バランス

西大和学園中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年通り、各分野から1題ずつ出題されている。物理からは電流、化学からはもののとけ方と中和、生物からは光合成、地学からは天体がそれぞれ出題され、各問題とも小学校の教科書内容から発展レベルまで出題されている。
  2. 昨年までとの比較
    ここ数年小問数の減少が続いてきたが、今年度は昨年度の44問から56問に増えた。例年通り、図表やグラフの出題が多い。
  3. 対策
    問題数は小問50問前後と予想され、短時間で効率よく解く力が要求される。教科書レベルの基礎的な内容もしっかりと定着させたうえで、難関レベルの計算問題にも慣れておく必要がある。時間配分にも十分注意したい。
西大和学園中学校 理科分野別出題バランス

西大和学園中学校
社会の出題傾向・対策

西大和の社会では地理・歴史が問題の大部分をしめている。地理の特徴としては、毎年地形図の問題が出題されていることがあげられる。

地形図問題では、地形図から縮尺を求めてから距離を計算する問題、地形図の正誤問題がよく出題されている。地形図の読み取り方を身につけておく必要があるだろう。

全体的な特徴としては、正誤問題の多さがあげられる。正しく内容を理解し、歴史では出来事の前後関係にも注意して学習をすすめたい。また、論述問題も毎年出題されているので、用語や理由を短文形式で書く練習をすれば効果的であろう。

西大和学園中学校 社会分野別出題バランス

志望校合格を本気で目指すお子さまのために

大切なことは「どれだけ学んだか」ではなく、学んだことを「どれだけ活かせるか」。進学館では「量」より「質」を重視した指導を実施。 体系的な理解と応用力が身につく科学的な指導を徹底しています。

目標は「第一志望全員合格!」進学館サイトはこちらから

西大和学園中学校
入試結果:2019年度

男子

募集人数 180名
志願者数 1039名
受験者数 960名
合格者数 520名
実質倍率 1.85倍

英語重視型を含む

  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 104.5/150 94.3/150 65.9/100 67.3/100 335.1/500
合格者平均点 117.6/150 104.9/150 72/100 71.6/100 370.7/500
受験者最高点 150/150 148/150 97/100 92/100 471/500
合格者最低点 -/150 -/150 -/100 -/100 342/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

女子

募集人数 40名
志願者数 232名
受験者数 219名
合格者数 37名
実質倍率 5.92倍

英語重視型を含む

  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 102.4/150 101.6/150 64.7/100 65.5/100 338.8/500
合格者平均点 130.2/150 121.5/150 79.2/100 69.4/100 414.0/500
受験者最高点 150/150 144/150 92/100 88/100 455/500
合格者最低点 -/150 -/150 -/100 -/100 398/500

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

西大和学園中学校
入試要項:2019年度

  男子 女子
募集人数 180名 40名
選抜方法 算・国・理(・社)
出願期間 12/10 ~ 1/7
試験日程 1/20午後
合格発表 1/21(web)
算   数 150点(60分)
国   語 150点(60分)
理   科 100点(40分)
社   会 100点(40分)
合   計 500点(200分)
Topic:算数試験時間:70分→60分、帰国生入試導入

西大和学園中学校
大学合格実績:2018年度

高校卒業生:311名

国公立大学への進学者数

東京大(現役) 30(26)
京都大(現役) 57(34)
大阪大(現役) 21(8)
神戸大(現役) 27(11)
大阪市立大(現役) 9 (6)
大阪府立大(現役)   18 (5)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役)  37(12)
慶應義塾大(現役) 26 (5)
関西学院大(現役)  21 (7)
関西大(現役) 30 (8)
同志社大(現役)  87(25)
立命館大(現役)  63(13)

西大和学園中学校
過去の入試結果データ

年   度 男子 女子
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
2015 1260 516 2.44 335/500(67.0%) 234 68 3.44 345/500(69.0%)
2016 1124 501 2.24 314/500(62.8%) 268 59 4.54 355/500(71.0%)
2017 991 513 1.93 324/500(64.8%) 225 41 5.49 374/500(74.8%)
2018 985 467 2.11 284/500(56.8%) 222 37 6.00 326/500(65.2%)
2019 960 520 1.85 342/500(68.4%) 219 37 5.92 398/500(79.6%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

[予約受付中!] 2020年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している各校の分析レポート2020年度版を無料でお送りします。さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※発送は2020年4月ごろを予定しています。進学館メインステージを受講いただいている方はお申し込み不要です。

ご予約はこちら(無料)

2020年度版 中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集