大阪星光学院中学校 入試分析 2022年度

2022年度の受験者数は昨年度より約20名減ったが、Ⅱ型(算・国・理受験)の受験者が28名増え、算数と理科の出来が大きく合否に関わる受験となった。

昨年度、非常に平均点が高かった算数は難化し、受験者平均点、合格者平均点ともに約24点下がった。理科は昨年度なみの難易度だったが、合格者平均点が67.9点と、約85%の得点率が必要であった。難化した算数であっても解ける問題に取り組み、理科でミスなく点数をとりきったかどうかが合否を分けた。

国語は平均点が安定しているが、社会がここ数年で難化しており、今年は理科と社会の合格者平均点の差が8.9点に広がった。次年度の入試は、科目バランスの調整のため、理科の難化もしくは社会の易化の可能性が大いにあると考えられる。

当映像は、進学館独自の視点で入試問題を分析し、皆さまにご説明するセミナー「中学入試 分析会」から一部をピックアップしたサンプル版です。本編映像は、冊子「中学入試分析会資料」の特典としてご覧になれます。資料は以下のボタンからお申込みください。

大阪星光学院中学校
算数の出題傾向・対策

出題傾向に変化は見られなかったものの、昨年より難度が大幅に上がり、合格者平均が過去15年間で最も低かった2019年度の74.8点とほぼ同じ結果となった。

大問は全部で5題。大問1は、計算と小問集合になっており、計算以外では考え方を記載することによって部分点が与えられる。また、大問2~4のどれか1題に、考え方、または、作図を求める小問が1題出題される。

図形の出題数が例年全問題の半分近くを占めており、今年度は平面図形から難度の高い問題が出題され、立体図形から作図を求める問題が出題された。合格のためには、常に作図を意識しながら図形問題に幅広く取り組む姿勢が必要となる。

大阪星光学院中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の冬期講習2021

大阪星光学院中学校
国語の出題傾向・対策

今年度も例年通りの問題構成であった。大問1は文学的文章、大問2は論理的文章、大問3が知識問題である。大問1・2では、文章内容に関わる記号問題や記述問題、漢字の問題、副詞や接続詞の問題、語句の意味を問う問題などが出題される。

難度が高いのは記述問題で、制限字数100字前後の問題が出題される。人物の心情を推測する力や文章の要点をまとめる力などが求められる問題となっている。大問3は、今年度は四字熟語の問題であった。ことわざ、慣用句、対義語、四字熟語、俳句など、さまざまな分野から出題されるので、かたよることなく知識を身につけておく必要がある。

大阪星光学院中学校 国語分野別出題バランス

大阪星光学院中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年通り、物理・化学・生物・地学の各分野から1題ずつの出題であった。小問数は33問で80点の配点である。
  2. 昨年までとの比較
    合格者平均点が昨年より約1点上がり、割合にすると8.5割という例年通りの高い得点率が求められた。今年度は全体の問題数が昨年度の42問から33問に減少し、時間的な余裕も生まれ、高い合格者平均点につながったと考えられる。
  3. 対策
    難関レベルの問題を確実に取りきる力が最重要である。特に物理・化学計算の典型パターンについては問題を見て、すぐに解き方が分かるようにしておきたい。また、細かい計算が求められるので、計算力も必要である。
大阪星光学院中学校 理科分野別出題バランス

大阪星光学院中学校
社会の出題傾向・対策

形式は例年と変化がなかったが、今年度は難化して平均点が下がった。地理や歴史分野において問われた知識は例年通りと変わらなかったが、複合的に考えて初めて答えにたどり着ける問題が多く、それに苦しめられた受験生は多かったと思う。また、新型コロナウイルスやオリンピックに関する問題や情報通信、くらしに関わる問題などの難易度が高い問題が多かったのも、平均点を下げた原因の一つであろう。

塾の勉強はもちろん、普段からニュースやくらしに関わるさまざまな知識を貪欲に吸収しようとする意識が必要とされる。ニュースに出てくる用語や映像、話題となった場所などには気をつけておきたい。

社会分野別出題バランス
進学館 9月期募集
進学館 体験授業受付中

大阪星光学院中学校
入試結果:2022年度

  Ⅰ型(4科目型) Ⅱ型(3科目型)
募集人数 190名
志願者数 532名 195名
受験者数 513名 172名
合格者数 209名 69名
実質倍率 2.46倍
  算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 58.1/120 71.0/120 62.2/80 54.8/80 245.5/400
合格者平均点 75.5/120 77.5/120 67.9/80 59.0/80 281.0/400
合格者最高点 120/120 104/120 80/80 75/80 350/400
合格者最低点 41/120 50/120 45/80 32/80 256/400

大阪星光学院中学校
入試要項:2022年度

募集人数 190名
選抜方法 算・国・理(・社)
出願期間 12/14 ~ 12/22
試験日程 1/15
合格発表 1/16(web)
算   数 120点(60分)
国   語 120点(60分)
理   科 80点(40分)
社   会 80点(40分)
合   計 400点(200分)

大阪星光学院中学校
大学合格実績:2021年度

高校卒業生:176名

国公立大学への合格者数

東京大(現役) 12 (9)
京都大(現役) 43(27)
大阪大(現役) 15(10)
神戸大(現役) 19(12)
大阪市立大(現役) 14(13)
大阪府立大(現役) 12 (5)

私立大学への合格者数

早稲田大(現役) 13 (8)
慶應義塾大(現役) 14 (2)
関西学院大(現役) 31 (4)
関西大(現役) 44(13)
同志社大(現役) 54(15)
立命館大(現役) 38 (9)

大阪星光学院中学校
過去の入試結果データ

年  度 Ⅰ型 Ⅱ型 実質倍率 合格者最低点
受験者 合格者 受験者 合格者
2018 552 217 178 67 2.57 262/400(65.5%)
2019 559 238 174 60 2.46 251.25/400(62.8%)
2020 527 240 168 57 2.34 262/400(65.5%)
2021 559 222 144 56 2.53 285/400(71.3%)
2022 513 209 172 69 2.46 256/400(64.0%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2023年度版 中学入試分析会資料(予約申込)

当サイトに掲載している分析レポートを無料で進呈!
2023年度版は、現在予約受付中です。
進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

お申し込みはこちら

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-