四天王寺中学校 入試分析 2019年度

四天王寺中学校は、昨年度から導入された3教科・4教科の選択制入試による影響から、今年度も受験者数が増加する形となった。この入試では、3教科・4教科のどちらを選択しても400点満点に換算しての判定となるので、特別な事情がない限りは「算・国・理・社」か「算・国・理×1.25」のうち、得点の高い方で合否判定を出してもらえる4教科型での受験を強く勧めておきたい。

毎年、どの教科も共通して四天王寺らしい問題の出題が見られるので、過去問の反復練習+αを徹底することが合格への必須条件となってくる。

四天王寺中学校
算数の出題傾向・対策

小問数は18問と例年と大きく変わらなかったが、大問数は8題と増加した。
試験時間は60分で、解答だけを書き込む例年通りの形式であったが、作図が出題されたことが異なる点である。

計算・文章題・図形と各単元からバランスよく出題されている。難度の高い問題が多いので、ミスなどに気をつけて解ける問題を確実に点数に結び付けていきたい。

過去問を解く際には問題の取捨選択も意識して取り組むと良いだろう。また、ダイヤグラムの利用や影の作図など高いレベルのテクニックも身につけておくことが必須である。作図に関しては来年度以降も出題される可能性があるので、普段から練習が必要である。

四天王寺中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」の夏期講習2020

四天王寺中学校
国語の出題傾向・対策

今年度も例年通り、文章題3題の構成。文学的文章1題、論理的文章2題の出題。設問の形式自体に大きな変化はなく、漢字の書き取り問題・記号問題・抜き出し問題・記述問題と、全体のバランスがとれた例年通りの出題であった。

限られた時間で深い読み取りが必要な文章を3本読解しなければならず、素早く正確に内容を読み取り、時間配分を意識して問題を解けたかどうかが合否を分けるポイントとなった。

合格のためには、本文中に印をつけながら読んで要点をおさえ、設問で示された条件を確実につかむこと、記号問題で選択肢と本文とを細部まで照らし合わせて判断することを意識して練習する必要がある。

四天王寺中学校 国語分野別出題バランス

四天王寺中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    例年と大問数が異なり、物理・化学・生物・地学の大問4題で構成されていたのが、地学と生物が1つの大問に集約されて、大問3題になった。
  2. 昨年までとの比較
    昨年度と同様、どの分野においてもグラフや表から分析していく出題であった。
    ただ、昨年度より物理・化学の計算に時間がかかる問題が多く、時間の余裕があまりなかったと考えられる。
  3. 対策
    文章や表、グラフから答えを導くのに必要な情報を読み取り、まとめる力が必要とされる。また、毎年出題されるグラフを書く問題は過去問で練習を積んでおく必要がある。
四天王寺中学校 理科分野別出題バランス

四天王寺中学校
社会の出題傾向・対策

学校教科書に関する知識問題、約10問程度の時事問題の出題など例年どおり、特徴どおりの問題であった。

問題数は昨年度と同じで50問弱であり、昨年度と同様に記述問題が出題された。昨年度は100字記述が1問だったが、今年度は40字記述が2問出題されていた。

知識量が社会の出来を分けることが多い学校なので、地理・歴史分野においては、とにかく多くの知識を身につけておくことが大切である。

公民分野からの出題は多くないが、時事問題に関連して出題されることがほとんどなので、その年に話題となった出来事やワードなどと関係の深い公民分野の内容を特に重点的に勉強しておく必要がある。

四天王寺中学校 社会分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

四天王寺中学校
入試結果:2019年度

  医志 英数Ⅱ 英数Ⅰ 文化・スポーツ
募集人数 35名 90名 120名 約20名
志願者数 513名 177名 21名
受験者数 502名 172名 21名
合格者数 82名 30名(190名) 79名(150名) 21名
実質倍率 6.12倍 1.58倍 1.00倍

※( ) 内は「医志」からの回し合格者数
※英数Ⅱ・Ⅰの実質倍率は、回し合格者数を除く

  算数 国語 理科 社会
受験者平均点 55/120 67/120 45/80 56/80 221/400
合格者平均点 60/120 71/120 49/80 58/80 237/400
合格者最高点 106/120 103/120 79/80 77/80 332/400
合格者最低点 -/120 -/120 -/80 -/80 医志 271/400
英数Ⅱ 228/400
英数Ⅰ 190/400

四天王寺中学校
入試要項:2019年度

  医志 英数Ⅱ 英数Ⅰ 文化・スポーツ
募集人数 35名 90名 120名 約20名
選抜方法 算・国・理(・社) 国・作文・面接・実技
出願期間 11/17 ~ 1/15
試験日程 1/19
合格発表 1/21(郵送・掲示・web)
  英数Ⅰ・Ⅱ・医志 文化・スポーツ
算   数 120点(60分)
国   語 120点(60分) 120点(60分)
理   科 80点(40分)
社   会 80点(40分)
作   文 80点(40分)
合   計 400点(200分) 200点(100分)

四天王寺中学校
大学合格実績:2018年度

高校卒業生:506名

国公立大学への進学者数

東京大(現役)    1(1)
京都大(現役)   16(13)
大阪大(現役)      25(18)
神戸大(現役)   29(21)
大阪市立大(現役) 27(21)
大阪府立大(現役)  17(12)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 11(8)
慶應義塾大(現役) 5(5)
関西学院大 65(48)
関西大 61(42)
同志社大(現役) 116(83)
立命館大 98(58)

四天王寺中学校
過去の入試結果データ

年 度 医志 英数Ⅰ・Ⅱ全体 英数Ⅱ 英数Ⅰ
受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点 受験者 合格者 実質倍率 合格者 合格者最低点 合格者 合格者最低点
2017 402 75 5.36 227/400(56.8%) 89 58 1.53 20(170) 194/400(48.5%) 38(114) 166/400(41.5%)
2018 459 77 5.96 308/400(77.0%) 141 75 1.88 26(193) 269/400(67.3%) 49(126) 236/400(59.0%)
2019 502 82 6.12 271/400(67.8%) 172 109 1.58 30(190) 228/400(57.0%) 79(150) 190/400(47.5%)

※「英数Ⅱ・Ⅰ」合格者の( )内は「医志」からの回し合格者数/「英数Ⅱ・Ⅰ」の実質倍率は、回し合格者数を除く

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」の夏期講習2020