親和中学校 入試分析 2021年度

2020年度入試から始まった多様性入試の一環として、今年度は「算数1教科入試」が実施された。また、「英語入試」は学科試験を課さない「英語資格入試」となった。

多様性入試は通知表評定が必要となるが、もともと受験機会の多い学校である親和の受験方法の選択肢がさらに広がった格好となる。一方、前期Ⅰ・Ⅱ、後期Ⅰ・Ⅱに関して、移行合格の人数を含んで算出された合格倍率によると、前期では総合進学がSを上回っていることから、今年度は移行合格が多数出たのではないかと推測できる。

後期では例年通りSの倍率が高く、やはり後の日程になるほどSでの合格は難しくなるようだ。試験の内容については、問題用紙が冊子形式へ変更したものの傾向等に大きな変更は見られない。

親和中学校
算数の出題傾向・対策

昨年度から問題用紙が冊子形式となり、計算スペースを取りやすくなった。解答用紙は別紙となっており、単位は記入不要。適性検査型以外では大問1に計算問題が4,5問ならぶ。まずはここで失点のないようにしたい。

速さの単元ではグラフに絡めたものが多く出題されており、解答欄で作図する場合もあるため、普段からグラフを描いて解くことに慣れておくと良い。また、文章題も図形も幅広く出題される。基本問題の反復練習を欠かさないようにしたい。

今年度から始まった算数1教科入試ではやや思考力が試される問題が目立った。適性検査型では長文から必要な情報をうまく抽出する力を養っておく必要がある。

親和中学校 算数分野別出題バランス
中学受験専門 進学塾「進学館」9月期入塾生募集

親和中学校
国語の出題傾向・対策

昨年度までと同様に、前期Ⅰ・後期Ⅰ・後期Ⅱいずれも、文章題は論理的文章1題・文学的文章1題と、独立した形式での漢字・語句の出題となった。全日程、知識問題で確実に得点するためにも、日頃のていねいな学習が求められているといえる。

文章題は依然として記述問題が多く出題されているので、本文から答えのポイントを素早くつかみ、短時間で解答を完成させる練習をしておく必要がある。

前期Ⅱでは、論理的文章2題、文学的文章1題に加え、話し合いの様子と図表を読み取る問題と漢字パズルの出題となった。文章読解だけでなく複数の図表や資料からポイントをおさえる練習も必要となってくる。

親和中学校 国語分野別出題バランス

親和中学校
理科の出題傾向・対策

  1. 出題内容
    今年度は、物理・化学が1題ずつ、生物・地学が2題ずつの計6題の出題であった。物理・化学に比べ、生物・地学の割合が久しぶりに多くなった。
  2. 昨年までとの比較
    昨年度まで出題形式がB4縦長だったのが今年度は冊子形式に変わった。おそらく来年度以降も冊子形式になると思われる。内容は、基本的でオーソドックスなものが多く、答えやすい良問が中心であった。
  3. 対策
    基本的な内容をしっかりとおさえた上で、理由を説明する記述力を身につけておく必要がある。また、物理化学を中心に、計算問題の練習を積んでおくことが必要である。
親和中学校 理科分野別出題バランス

親和中学校
社会の出題傾向・対策

大問1は切手を題材とした歴史、大問2は河川にまつわる地理、大問3は2020年のできごとに関する公民・時事という構成。親和社会の特徴とも言える時事問題では、「テレワーク」や「三密」が取り上げられた。

入試前年の大きな出来事については、その経緯や用語などを一通り整理しておくことが大切と言えるだろう。地理・歴史・公民については、求められる知識レベルは標準的である。ここで取りこぼさないように、テキストの太字レベルはしっかりと定着させておく必要がある。

なお、資料から考えさせる問題も出題された。グラフや統計を使った問題のトレーニングも積んでおきたいところである。

親和中学校 社会分野別出題バランス

なぜ進学館は合格者が多いのか?

進学館は、灘・東大寺・甲陽・神戸女学院・洛南などの難関校に毎年多くの合格者を輩出してきました。その理由のひとつは、大学受験にまで精通した「本物のプロ講師」が指導していること。保護者の皆さまからも高い評価をいただいている進学館の合格メソッドをぜひご体験ください。

\無料体験開催中/ 進学館サイトはこちら

灘中学独特の問題傾向に100%対応した双方向オンライン授業!!「灘中E-Lecture(イー・レクチャー)」

親和中学校
入試結果:2021年度

  前期Ⅰ 前期Ⅱ 後期Ⅰ 後期Ⅱ 算数1教科
S 総合進学 S 総合進学 S 総合進学 S 総合進学 S 総合進学
募集
人数
S 60名
総合進学 150名
志願者数 62名 38名 148名 35名 130名 85名 181名 77名 50名 14名
受験者数 59名 38名 147名 33名 127名 85名 173名 73名 50名 14名
合格
者数
S 44名 123名 78名 123名 42名
総合進学 36名 38名 123名 99名 14名
実質
倍率
S 1.35倍
総合進学 1.24倍

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

※合格者数は、重複合格も含む
※総合進学の受験者数は、全受験者数からSコース合格者を除いた人数
※総合進学の合格者数・実質倍率は、移行合格の人数も含む

  前期Ⅰ
算   数 国   語 理   科 社   会
受験者平均点 -/100 -/100 -/80 -/80 149.4/280
合格者
平均点
S -/100 -/100 -/80 -/80 176.9/280
総合進学 -/100 -/100 -/80 -/80 143.8/280
合格者
最高点
S -/100 -/100 -/80 -/80 240/280
総合進学 -/100 -/100 -/80 -/80 239/280
合格者
最低点
S -/100 -/100 -/80 -/80 142/280
総合進学 -/100 -/100 -/80 -/80 112/280

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

  前期Ⅱ 後期Ⅰ 後期Ⅱ 算数1教科
数理的分野 言語的分野 算   数 国   語 算   数 国   語 算   数
受験者平均点 -/100 -/100 116.0/200 -/100 -/100 124.4/200 -/100 -/100 119.1/200 69/100
合格者
平均点
S -/100 -/100 132.2/200 -/100 -/100 140.3/200 -/100 -/100 137.1/200 78.2/100
総合進学 -/100 -/100 97.8/200 -/100 -/100 115.6/200 -/100 -/100 108.6/200 59.5/100
合格者
最高点
S -/100 -/100 174/200 -/100 -/100 174/200 -/100 -/100 176/200 100/100
総合進学 -/100 -/100 158/200 -/100 -/100 165/200 -/100 -/100 148/200 85/100
合格者
最低点
S -/100 -/100 96/200 -/100 -/100 124/200 -/100 -/100 114/200 55/100
総合進学 -/100 -/100 74/200 -/100 -/100 82/200 -/100 -/100 84/200 48/100

※算数1教科入試の合否判定は、通知表の成績との総合判定

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

親和中学校
入試要項:2021年度

  前期Ⅰ 前期Ⅱ 後期Ⅰ 後期Ⅱ 算数1教科
募集
人数
S 60名
総合進学 150名
選抜方法 算・国・理・社or
算・国・理or
算・国・社
適性検査 算・国 算数
出願期間 12/16 ~ 1/15
試験日程 1/18 1/18午後 1/19 1/19午後 1/18午後
合格発表 1/20(web) 1/21(web) 1/20(web)
  前期Ⅰ 後期Ⅰ・Ⅱ 算数1教科   前期Ⅱ
算数 100点(50分) 100点(50分) 100点(50分) 数理的分野 100点(50分)
国語 100点(50分) 100点(50分) 言語的分野 100点(50分)
理科 80点(40分)
社会 80点(40分)
合計 280点(180分) 200点(100分) 100点(50分) 合  計 200点(100分)

※前期Ⅰ4科受験は算数・国語・理科or 算数・国語・社会の合計点で判定

親和中学校
大学合格実績:2020年度

高校卒業生:190名

国公立大学への進学者数

東京大
京都大
大阪大(現役) 1(1)
神戸大(現役) 4(1)
大阪市立大(現役) 2(1)
大阪府立大(現役) 2(1)

私立大学への進学者数

早稲田大(現役) 2 (2)
慶應義塾大(現役) 1 (1)
関西学院大(現役) 13 (9)
関西大(現役) 29(19)
同志社大(現役) 20(14)
立命館大(現役) 18 (7)

親和中学校
過去の入試結果データ

S 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
年  度 前期Ⅰ 前期Ⅱ 後期Ⅰ 後期Ⅱ
2019 649 344 1.89 164/280(58.6%) 97/200(48.5%) 110/200(55.0%) 131/200(65.5%)
2020 583 406 1.44 147/280(52.5%) 100/200(50.0%) 115/200(57.5%) 100/200(50.0%)
2021 556 410 1.36 142/280(50.7%) 96/200(48.0%) 124/200(62.0%) 114/200(57.0%)
総合進学 受験者 合格者 実質倍率 合格者最低点
年  度 前期Ⅰ 前期Ⅱ 後期Ⅰ 後期Ⅱ
2019 540 436 1.24 121/280(43.2%) 69/200(34.5%) 70/200(35.0%) 91/200(45.5%)
2020 377 314 1.20 111/280(39.6%) 81/200(40.5%) 69/200(34.5%) 78/200(39.0%)
2021 268 228 1.25 112/280(40.0%) 74/200(37.0%) 82/200(41.0%) 84/200(42.0%)

※スマートフォンは横スクロールでご覧ください。

2020年度版 中学入試分析会資料進呈!!

当サイトに掲載している分析レポート(2020年度版を)無料で進呈!
さらに、入試問題と解答・解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集

2021年度版 中学入試分析会資料

当サイトに掲載している分析レポートの2021年度版を無料で進呈!
さらに、進学館の入試分析会映像の視聴と入試問題の解説がダウンロードできる特典もございます。この機会に是非、お申し込みください。
※4月19日より順次発送いたします。 ※進学館メインステージを受講いただいている小4~小6の方はお申し込み不要です。

いますぐ無料で手に入れる

中学受験入試分析レポート&入試問題・解説集
中学受験専門 進学塾「進学館」のオンライン入塾説明会
中学入学前に必読の一冊!「中学受験後に気になる99のこと」2021-入学前~夏休みまで-